タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

シーロムの『KuKuラーメン』は、お得なランチセットがオススメ

シーロムの『KuKuラーメン』は、お得なランチセットがオススメ

シーロム通り沿いのバンコク銀行本店脇にあるシーロム・ソイ3を入ってすぐの場所に、いつの間にか、新しいラーメン屋が開店していました。『KuKu(クク)ラーメン』という店名で、ラーメンと焼き鳥がメインのオシャレなラーメン居酒屋みたいな感じです。

ちょうど平日のランチタイムで、店頭のランチセットの看板を見たら、ラーメン(小)、どんぶり(小)、野菜サラダ、餃子(2個)のランチセットが145バーツ(VAT7%、サービス料5%は別)と、お得そうだったので入ってみました。

outside P_20161026_122705 P_20161026_122718 P_20161026_122749

メインの小ラーメンは「豚骨醤油ラーメン」「豚骨味噌ラーメン」「野菜カレーラーメン」の3種類から選択。メニューにはあった「海老味噌ラーメン」は、お店をオープンした当時は提供していたものの、現在はもう提供していないとのことでした。

どんぶり(小)は「中華鶏ご飯」「温玉そぼろご飯」「ねぎチャーシューご飯」から選択。あと、あまり注文する人はいないと思いますが、普通の小ライスも選択できます。

menu

tea▲こういったオシャレな内装の新しいラーメン店では、お茶は有料の場合が多いのですが、ランチタイムは冷たいお茶が無料でした。

店内には日本人男性のスタッフも常駐していて、バンコクを中心にセントラル・エンバシー内の「Water Library Brasserie」、サトーンの「The Capitalなどを展開しているタイ資本の「Water Library」が経営する、初めてのラーメン店だそうです。

しかも、ラーメンの監修をしたのは、トンローの「麺場 きせき」! 「麺場 きせき」がしばらく土日のみの営業で平日は休みだったのは、スタッフが「KuKuラーメン」にヘルプに行っていたためだそうです。現在は「麺場 きせき」は従来どおり、平日も営業していますよ。

野菜カレーラーメンを選択したのですが、肝心の味のほうは、日本人にはスープが薄味というか、あっさりしすぎかなぁ、と感じました。なんでも、オープンしたばかりの頃は、日本のラーメンと同じスープを出していたそうなんですが、タイ人客からの「スープが濃い」という声が多く、薄味に変更になったんだとか。

対策としては、最初の注文の際に、日本人男性スタッフの方を呼んでもらって、スープを濃くしてもらうように依頼すれば、対応可能とのことでした。

set1 set2 ontama

ただ、気になったのはラーメンスープだけで、餃子や丼などは普通に美味しかったですし、思ったよりボリュームもあるランチセットが税、サービス料込で160バーツちょっとですので、近くのオフィスや滞在先のホテルから来ている日本人客も結構多かったですよ。

■Kuku-Ramen
https://www.facebook.com/kukuramen/

map P_20161026_124815

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top