タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

スワンナプーム空港のリエントリー窓口、移転後は終日対応で値上げ?

スワンナプーム空港のリエントリー窓口、移転後は終日対応で値上げ?

もうすぐタイも年末年始休暇。ということで、タイ在住の方も日本に一時帰国される方、タイから海外旅行に出掛けられる方も多いと思います。

その際、ノンイミグラントBビザや観光ビザなど、タイ滞在ビザを所有している方が注意しなければいけないのが、タイから出国した際にビザが失効しないようにするためのリエントリー・パミットの申請手続きです。

リエントリー・パミットは、チェーンワタナのタイ王国政府総合庁舎(ガバメント・コンプレックス)内にあるイミグレーションで取得する以外に、スワンナプーム国際空港、ドンムアン空港でも取得可能です。

この年末、スワンナプーム国際空港から日本や海外に出国される方が多いと思いますが、在タイ歴が長い有名英国人ブロガーのリチャード・バロウ氏の情報によれば、2016年12月18日(日)午前7時から、スワンナプーム空港内でリエントリー・パミットの取得手続きをする窓口の場所が変更になり、24時間対応になっています。

名称未設定 1新しい場所は、International Departures 2の中。以前、リエントリー窓口があった、イミグレーションホール内の左端に戻っただけです。空港内の出国フロアからガラス越しに丸見えの場所ですね。

スワンナプーム空港でリエントリー・パミット取得する場合、機内持ち込みの手荷物検査が終わった後、イミグレの出国カウンターに並ぶ前に、イミグレーションホールの隅にあるリエントリー・カウンターに向かうことになります。

また、リチャード・バロウ氏の情報によれば、以前、スワンナプーム空港でリエントリー・カウンターがイミグレーションホールの隅にあった頃同様、1回の出国のみ有効なシングル・リエントリーは本来1,000バーツのところが1,200バーツに! そして以前同様、4 x 6 cmの顔写真(カラー)は要求されなかったそうです。

200バーツはその場で撮影する写真代という名目のようで、私も数年前、同じ場所のリエントリー・カウンターで持参した写真を提出したのに係員は受け取らず、その場で写真を撮影されたことがあります。

2016年11月、ドンムアン空港内のリエントリー・オフィスでリエントリー・パミット手続きした際は、正規料金の1,000バーツとパスポートのコピー(顔写真のページ)だけで、持参した写真は必要無かったです。

とはいえ、リエントリー手続きには、パスポートのコピー、4 x 6 cmの顔写真が1枚必要と、スワンナプーム空港の英語版ホームページ上には記載してありますので、写真も持参したほうが安心です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top