タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイ人富裕層に人気の「桃太郎ジーンズ」2017年3月にバンコクに初出店

タイ人富裕層に人気の「桃太郎ジーンズ」2017年3月にバンコクに初出店

タイの富裕層に人気の「桃太郎ジーンズ」を製造する、岡山県倉敷市のジーンズメーカー・ジャパンブルー社が、2017年3月にバンコクに初出店します。来年2017年夏までに、バンコクで計3店舗を開店予定で、これまでタイでは販売されてなかった女性向けジーンズも販売するそうです。

名称未設定 2ジャパンブルー社はこれまでも、バンコクのセントラルワールド(2F)の他、サイアムパラゴン、サイアムスクエア、アソークのターミナル21にテナントとして入っているジーンズの品揃えに定評のあるセレクトショップ「PRONTO」などで、桃太郎ジーンズを卸売りしてきました。

日本でも1本2~3万円する桃太郎ジーンズのバンコクでの販売価格は8,000バーツ前後(約2万5,000円)と、タイの物価からすると、かなり高価です。しかし、タイ人の男性富裕層に需要があることが分かり、自社の直営店を展開することを決定したそうです。

実際、サイアムスクエアに店舗がある香港のデニムショップ「TAKE5」では、数年前、1万バーツ位した、桃太郎ジーンズとのタイ限定コラボモデル100本が即完売していますしね。

名称未設定 3タイで高価格で高品質のジーンズが売れる背景には、常夏のタイではほぼ1年中、夏服なので、リーズナブルなTシャツやシャツでも構わないけど、ジーンズは革靴やスニーカー同様、高くても良いモノを履きたいという、タイ人のコダワリがあるようなんですね。

確かに、高そうに見えるジーンズを履いていると、知人の金持ちのタイ人男性から履いているジーンズについて訊かれたり、100バーツ(約300円)くらいのTシャツを着ているタイ人も、タイの有名ジーンズブランド「MC JEANS」(ユニクロのジーンズより高い)を履いていたりしますね。

名称未設定 4桃太郎ジーンズは、現地で放送された日本のテレビ番組の中で桃太郎ジーンズが紹介されたことがキッカケとなり、デニムにこだわりを多く持っている人が多いフランス、オランダ、タイ、インドネシアなどからも引き合いが増え、海外での桃太郎ジーンズの売上は倍増しています。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top