タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

「タイの水道水は安全」プラユット首相、国民に節約のため飲用を推奨

「タイの水道水は安全」プラユット首相、国民に節約のため飲用を推奨

7月27日(水)、プラユット首相が「タイの水道水は飲んでも安全だと国際機関からも認定されている」と述べ、自らメディアのリポーターの前で、グラスに注いだ水道水?を飲むというパフォーマンスを行っています。

aHR0cDovL3BlMi5pc2Fub29rLmNvbS9ucy8wL3VkLzQwNy8yMDM2NTc0LzcxNjI0MC0wMS5qcGc=その際、プラユット首相は「私の家族も水道水を飲んでいるし、高いペットボトル水と味はたいして変わらない」と述べ、タイ国民にも水道水を飲むように奨励しています。

bottled-water-vs-tap-water

とはいえ、パフォーマンスのためにプラユット首相が飲んだ水は、タイの若者に節水するように教育するためのプロジェクト「ウォーター・レンジャー」に所属する生徒が、瓶から注いた水です。そのため、プラユット首相が飲んだ水が本当に水道水だったどうかは実際のところ不明。取材したタイのマスコミは「パフォーマンスなら、水道の蛇口から直接出てきた水を飲んだほうが、より説得力があったのに。。。」とコメントしています。

とはいえ、タイの職場や滞在先で蛇口から出て来た水を、浄水器も通さずに直接飲むのは、ちょっと危険な気がします。理由は、濾過された浄水場から自宅や職場の蛇口に届くまでの水道管や水道タンクの状態が劣化していたりして、心配だからです。

実際、タイの工場で働くワーカークラスでも、ミネラルウォーターよりも安いドリンキングウォーター(飲料水)のペットボトル水や、アパートの近くに設置された1バーツで1リットルの飲料水販売機で購入した水を飲んでいますしね。。。

タイではないですが、2015年、中国のネット上に「のどが渇けば、公園などの蛇口から出る水をためらいもなく口にする」など、日本の食の安全を紹介したスレッドが立った際、ネット上には以下のようなコメントが寄せられていました。

「小さい頃、『スラムダンク』のオープニングで(主人公の)桜木花道が蛇口から水を飲むシーンに憧れ、まねしたことがあるが、お腹を壊してしまった。日本の水道水は衛生的だからこそ直接飲めるのだと知ったのはその後の話だ」 

25d4b072

タイも中国や台湾同様、日本のように水道水をゴクゴク飲んでいるシーンが異常に見える国なのです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top