タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイでは道路や歩道で、バイクや自転車に突っ込まれる事故に注意!

タイでは道路や歩道で、バイクや自転車に突っ込まれる事故に注意!

タイの地方都市に住む友人が、道路でバイク事故に遭いました。路上でタイ人の奥さんとバイクに乗っていたら、背後から、無免許の15歳の学生が運転するバイクに突っ込まれた挙句、夫婦ともに足を骨折して入院する重症を負ったそうです。加害者のタイ人が現場から逃走しなかった分、まだマシだと感じた友人でしたが。。。

しかし、加害者の学生が運転していたバイクは保険に入っておらず、その父親はヤーム(警備員)で母親はメーバーン(家政婦)。。。なので、無い袖は振れないようで、金銭的補償もあまり期待できなさそうな雰囲気です。退院後、加害者の母親が自宅まで謝罪に来た際、約100バーツ相当の豆乳を持参して「借金があるので、これで勘弁していただけないでしょうか」といった内容のことを言われたそうです。

omimai▲被害者の母親が謝罪に来た際に持って来た、お見舞いの豆乳。「年末にお客様から頂いた、お歳暮のバスケットのほうが豪華なんだけど」とボヤく友達。

タイではや貧乏なタイ人が運転するバイク事故に巻き込まれた場合、金銭的補償が難しいので泣き寝入りという話を聞いていましたが、マジみたいです。

タイの地方都市やバンコク郊外では、明らかに無免許の小中学生が制服で、ホンダ「カブ」ベースのホンダ・ウェーブ(WAVE)125iを、兄弟や友達と制服姿で2ケツや3ケツで乗っている姿をよく見かけます。通学以外に、タイの地元新聞の記事によれば、親が無免許の子供にバイクでお使いを頼んだりするケースも結構あるのだそうです。

バンコクの都心部でも油断は禁物です。スクンビット通りでも、バイクタクシーの運転手が歩道を走って来て驚くことがありますし、タイで近年増えたロードバイクタイプの自転車が結構なスピードで走っていて危ないです。

タイでは、日本と違って加害者が貧乏な場合、相手側に全面的に非があっても大した金銭的補償が期待できず、泣き寝入りという事態にもなりかねないので、海外旅行保険付きのクレジットカードや海外医療保険などに加入しておいたほうが安心ですよ。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top