タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

チェンマイでゴミの違法投棄で2名が逮捕

チェンマイでゴミの違法投棄で2名が逮捕

チェンマイ市は、チョタナ通りで頻繁にゴミが違法投棄されているという苦情を受け、調査を開始。監視カメラで違法投棄の模様を撮影、結果、Worapot Buasuk(30)Kritsana Junta(27)の2名を逮捕しました。

彼らは、主にレストランで出るゴミを捨ててくる仕事を請け負っていたと白状。バイクでゴミを運び、2日に一度くらいの割合で4~5か所に違法に捨てていたそうです。現在、警察は彼らを雇った人物の特定を急いでいます。

・・・日本でゴミ捨てをする際、いろいろ決まりありますよね。可燃ゴミや不燃ゴミ、缶や瓶など種類ごとに曜日が分けられていたり、捨てる時も透明な袋を使うとか、瓶のラベルをはがすとか規則があったり。あまりに細かいので、居住する外国人がそれを守らずにトラブルになっているという話もよく聞きます。

タイの場合、規則まったくないです。曜日毎の規則も、可燃・不燃の区別もなく、袋に入れてゴミ箱にポイっと捨てて終わり。

分別に関していうと、過去、何度も自治体や一部企業や団体がエコのために呼びかけをしてきまたが、まったく定着していないのが実情です。公園にも、一応、缶・瓶と紙などの種類別にゴミ箱が置いてあったりしますが、みんな無頓着ですね。

「じゃあ、その後どうするの!」と思いますが、ゴミ箱からペットボトルなどお金に換算できる物を集める人たちがいて、自然にリサイクルされるのです。

アパートなども状況は同じです。用意されている捨て場所に置くだけ。日本と比べて楽で良いんですが、ただ、捨てた物をアパートの掃除スタッフとかがチェックして、使えそうな物は取っていくんです。自分が捨てたTシャツをスタッフが着てる事もありました。

プライバシーとかないですね。だから、一応、個人情報などが書かれた種類とかは細かく切って、生ゴミと混ぜて捨てるようにしています。

Source:Chiang Mai City News

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top