タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

バンコクでバス乗車中、女性の半分がセクハラにあっていると判明

バンコクでバス乗車中、女性の半分がセクハラにあっていると判明

タマサート大学の公衆衛生学部が、定期的にバンコクで公共交通機関を利用している1,654人の乗客を調査した結果、女性の回答者のほぼ半数が性的嫌がらせを受けていることが明らかになりました。

女性の45%が市の公共交通機関で性的嫌がらせを受けた、あるいは痴漢をされたと回答。交通機関別に分けると、バスで起こった事件を報告した女性が50%、バイクタクシーが11.4%、トゥクトゥクが10.9%、ソンテウが9.8%。残りの約20%がスカイトレインまたは地下鉄になります。

また調査査対象の男性と女性の35%が、女性が交通機関で性的嫌がらせを受けているのを目撃したと述べています。

Krathae(32歳)さんは、BTSの混雑した車両内で男がナイフのような物でスカートを切られました。

「長く広く切られてしまったので、他の乗客に私の下着を見られてしまい非常に恥ずかしかったです」

回答した女性によると、ほとんどの事件は容易に逃げることができないラッシュアワーの間に起きたそうです。セクハラの種類は視覚的な行為、物理的な行為、言語による行為などの他、女性が見ているにも関わらず公共の交通機関でポルノを見ている行為も含まれています。

犠牲者の4分の1が黙って何もせず、28%がその行為を報告した。残りは何もしなかったと回答しています。

…バンコクでも痴漢が多いんですね。

BTSやMRTの混雑度、特にラッシュアワーでの乗り換え駅(サイアム駅やアソーク駅)は半端ないですから、日本から観光で来られる女性は気をつけて頂きたいと思います。

男性にとっても他人ごとじゃないですよね。それだけ事件が起こるということは、いつ冤罪に遭ってもおかしくないですからね。常に両手を人々に見える位置に出しておくとか、スマホを扱っている時に勘違いされない向きで見るとか、こちらも気をつけた方が良さそうです。

また、混雑している時に事件が起きやすいという点ではスリと同じ。こちらにも気をつけたいですね。

Source:Bangkok Post

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top