タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

労働許可証を持っていなかった屋台の売り子のミャンマー人3人を逮捕

労働許可証を持っていなかった屋台の売り子のミャンマー人3人を逮捕

7月27日の午前11時頃、パタヤで、果物屋台やロティ屋台を、ワークパミット(労働許可証)を持たずに営業していたとして、ミャンマー人の売り子3人が逮捕されています。その際、逮捕された3人のミャンマー人が使用していた、バイクのサイドカー部分に屋台を設置した移動式屋台も押収されています。

名称未設定 4警察は、外国人の不法就労はタイの外国人就労法に違反しており、タイ人の仕事を奪うという意味でも非常に深刻に受け止めていると述べています。パタヤのあるチョンブリー県知事も、事業主は外国人労働者にワークパミットを提供すべきだと発言しています。不法就労が発覚した場合、雇用者だけでなく、雇用主も罰せられます。

名称未設定 2

パタヤ在住の欧米人からは「パタヤの屋台の売り子をしているミャンマー人は、タイ人オーナーに雇われているので、タイ人の雇用を奪っている訳ではない」「パタヤの水商売で働いている(出稼ぎの)ロシア人女性は問題無いのか?」といった意見も出ています。

名称未設定 1

一方で、タイのイミグレーション(以下、イミグレ)は、タイでモデル活動をする外国人が多いとして、バンコク郊外のチェーンワタナにあるイミグレには啓蒙用のポスターが貼られていました。ポスターの内容は、以下のとおり。

タイでモデル活動をするためには「タイ入国前にノンイミグラントBビザを取得し、タイ入国後に健康診断を受けてワークパミットを申請した後、所得税を払わないといけない」

名称未設定 5

以前はタイ在住の日本人の中にも、現地で撮影されるテレビCMや映画に出演していた人が結構いたのですが、最近はあまりそういった話を聞かなくなったのは、タイのイミグレが外国人のモデル活動に目を付けているからかもしれませんね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top