タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

TRUEフィットネスの突然の計画的な?閉鎖に、多くのジム会員が激オコ

TRUEフィットネスの突然の計画的な?閉鎖に、多くのジム会員が激オコ

Photo: @Meawzilaz / Twitter

2017年6月8日(木)朝、アソーク交差点近くのエクスチェンジタワーにあるトゥルー・フィットネス開店時間、数十人のジム会員が運動するために現れたところ「トゥルー・フィットネスは、本日が最終日です」とマーカーで書かれた、小さなサインボードが提示してありました。

名称未設定 1

事前に何の通知も無く、朝、爽やかな気分でワークアウトに行ったら突然の閉店を紙切れ1枚で告知してきた同社の対応に、ジム会員は激オコ! トゥルー・フィットネス閉鎖の情報は、すぐにツイッターなどのSNSでジム会員の知るところとなり、エクスチェンジタワーにあるトゥルー・フィットネス前には、多くのジム会員が集まり、感情的なタイ人会員のなかは「金返せー!」と叫ぶ人もいたそうです。

名称未設定 2

4年前に同様に突然倒産したカリフォルニア・フィットネス同様、トゥルー・フィットネスはメンバーに施設閉鎖に関して一切の通知をしておらず、払い戻しや補償についても全く連絡が無い状態。

特に、前払いすれば割引料金になると積極的な営業を受けて1年~5年間の年間会員になった経済的に余裕のあるタイ人、欧米人を中心とした外国人居住者はネット上のフォーラムなどで「騙された」「詐欺だ!」と語っており、タイ人会員を中心に、払い戻しを求めて、シンガポールに本社がある同社に対して訴訟を起こす準備を始めています。

同社に電話しても繋がらず、ホームページ上でもコメントも無く、まさに夜逃げ状態。タイ現地メディア「マネージャー」の報道によれば、同ジムがテナントとして入居していたエクスチェンジタワーの家賃や光熱費が支払われていなかったことから、同社の計画的な閉鎖・夜逃げを指摘しています。

営業最終日となった6月8日(木)には、受付スタッフ以外は誰もいない状態で、受付スタッフの中には4カ月間、給与が支払われていなかった人もいたそうです。

同社はエクスチェンジタワーにある旗艦店を除く支店2か所を昨年2016年11月、今年2017年6月頭にサービスを停止しており、顧客には代わりにエクスチェンジタワー店を利用できるように便宜を図っていましたが、一時的な時間稼ぎだったと見られています。

タイも日本の英会話学校(旧NOVA)、旅行会社(てるみくらぶ)、エステ同様「長期契約や前払いにすればお得ですよ!」と、強引な営業をしてくる会社は、有名企業でも実際は運転資金に困っていて、突然サービスを停止する可能性があるので要注意です!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top