タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイの道路は危険!ボディスラムのボーカリスト、排水溝上の穴に落ち負傷

タイの道路は危険!ボディスラムのボーカリスト、排水溝上の穴に落ち負傷

タイの人気ロックバンド「ボディスラム」のボーカリスト・トゥーンさんが、タイ全土の設備や施設が不足している公立病院の資金調達のために行うチャリティーマラソンのトレーニング中、排水溝のフタに空いた穴に落ち、右脚を負傷しています。

バンコクのBTSプロンポン駅に隣接するショッピングモール「エムクオーティエ」前でライブを行うなど、在タイ日本人の間でも有名なタイの人気ロックバンド「ボディスラム」のボーカリスト・トゥーンさん。

昨年2016年末には、トゥーンさんは自身が以前住んでいたタイ南部プラジュアブキリカン県にある国立バンサパン病院の設備や施設が不足していることを知り、バンコクから同病院まで毎日40km、10日間で4000kmを走るチャリティーマラソンを行い、集まった募金6300万バーツ(約2億円)を同病院に寄付しています。

今回も、トゥーンさんは彼の考えに賛同するスポンサー企業の支持を得て、全国の公立医療施設のために資金を調達するために行うチャリティーマラソンのトレーニング中でした。

8月10日(木)、トゥーンさんは自身のインスタグラムのアカウントで、右脚に包帯を巻いた写真と共に「ランナーのフォロワーさん、トレーニング中は路上の排水溝のフタに空いた穴には十分注意してください。」とメッセージを発信しています。

ボディスラムのタイ人ファンからは「トゥーンさんは(劣悪な路上環境を改善するための)バンコクの道路工事の資金調達のために、チャリティーマラソンを行う必要があるかも」といったコメントも。

バンコク都の排水・下水部門の責任者であるソンポーン氏によれば、路上の排水溝を覆うフタに空いている穴に落ちて負傷する事故が頻発している事実を認め、バンコクに6万個ある、路上の排水溝を覆うフタ上の穴の数を減らす事を具体的に考えているそうです。

同じ2017年8月には、プーケットで歩きスマホ中のタイ人女性が、路上の排水溝のフタに空いていた穴に落ちて脚が抜けなくなり、レスキュー隊がコンクリートのフタを破壊して救助された事件も発生しています。

出典:Khaosod

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top