タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

ニュース番組で紹介されるなど、タイで日本のプロレスが徐々に浸透中

ニュース番組で紹介されるなど、タイで日本のプロレスが徐々に浸透中

2016年1月にバンコクのセントラルワールド前で開催されたJAPAN EXPO THAILAND 2016での興行、同年9月末にバンコク・シーコンスクエアで開催された「アジアプロレスサミット サワディカップ」などの入場料無料のプロレス興行などの結果、タイ人の間でもプロレスが徐々に浸透して来ているようです。

mob2017年元旦には、タイの大手新聞社・マティチョン社系列の「マティチョンTV」のニュースでも、タイのプロレス事情について、2016年9月開催のバンコクでのプロレス興行の模様、タイ唯一のプロレス団体・我闘雲舞(ガトームーブ)所属のタイ人選手のインタビューが放映されていました。

タイではムエタイやキックボクシング、タイでは「総合格闘技」を意味する「Mixed Martial Arts」の頭文字を取って「MMA」と呼ばれる総合格闘技といった、ガチンコ勝負の格闘技の人気が高い模様。

その一方で、世界最大のアメリカのプロレス団体「WWE」的な、エンタメ要素の高い「みちのくプロレス」の主力レスラー、ガトームーブ所属の女子プロレスラー&タイ人レスラーが中心になって行う、バンコクでのプロレス興行も徐々に浸透しているようです。

ニュース番組のインタビューで、タイ人レスラー「EK BAKI」選手が「自分たちのプロレス興行は、時には流血沙汰になるガチンコ勝負の格闘技が苦手な人、マンガやアニメ、ドラマが好きな人に受け入れられるんじゃないかな」といった内容を話していたのが印象的でしたね。

バンコクで開催されるプロレスの試合の前には、プロレスを初めて観るタイ人観戦客もまだまだ多いことから、試合の始まる前にタイ語で、プロレスの応援のやり方などのレクチャーや簡単な練習があったりします。

japan今年2017年2月に開催される『Japan Expo Thailand 2017』では、昨年同様、みちのくプロレスの新崎人生選手、ガトームーブのさくらえみ選手の他、スペル・デルフィン選手、ダンプ松本選手も参戦が決定しています。

『Japan Expo Thailand 2017』
■会 場 セントラルワールドプラザ(屋外スポーツゾーン)
■日 時 2017年2月11日(土) 及び 12日(日)17:00 試合開始(予定)
■入場料 無料
※ 有料指定席あり(スタンド席のみ有料指定席としてクラブタイランドにて、2016年12月21日より一律500バーツで販売中(クラブタイランド会員割引50バーツ)。チケット売上金はタイ王室の財団へと寄付されます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top