タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

発見!タイで最初のエロ美術博物館やSMショップ、エログロギャラリー

発見!タイで最初のエロ美術博物館やSMショップ、エログロギャラリー

風俗ではないのですが、エロに関連した場所がバンコクにも色々あります。そのいくつかを紹介します。

「ザ・ヒドゥン・クローゼット」

タイで初のエロティックショップという店。SM好きの方々の御用達で、そちら方面のグッズがずら~っと並んでいます。結構コアな感じで、そっち方面が趣味でないのでひいてしまうくらいです。女性向けのセクシーランジェリーもあるので、恋人にプレゼント用を買うのも良いかもしれません。

タイ人女性オーナーは「誰しもが性的な隠れた引き出しを持っていると思います。それを解放する助けになるのがこの店です」と言っています。場所は何とバンコクの洗練されたお洒落通りトンローにあります。

「メゾン・クローズBKK

アートギャラリー兼バー兼タトゥーショップという三位一体の店。テーマは「エログロ」です。SM関連の写真や映画ポスター、ビンテージ物のタイの古エロ雑誌などが展示されています。フランス人オーナーが市内の ジャルンクルン通りに2017年の11月オープン。日本式のSM、緊縛(SHIBARI)を紹介する怪しい会なども開催していて、その模様は同店のフェイスブックで見る事ができます。普通にヒップホップなどの音楽イベントも行う事もあります。

「カーマヴィートラ」

タイで唯一の性愛をテーマにした私設エロティックアート博物館です。創設者は有名な美術品収集家。そのため、館内には古く貴重な絵画や彫像などがたくさん展示されています。館名は古代インドの性愛指南書である「カーマスートラ」と美を意味するヴィートラを合成した造語です。創設者で現在運営を任されている息子は「タイ人は性愛を卑猥な物として敬遠しがちですが、昔はこのようなオープンだったのです。そんな事から訪問者の多くが外国人です」と説明しています。バンコクの高級住宅街スクンビットのあるマンションの2つの階を使っています。入場料金は500バーツ=約1,670円で月曜~金曜の午前10時~午後7時の営業。いつも当サイトをご愛読頂きありがとうございます!今、ブログ村でのランキングのアップを目標にしています。恐れ入りますが、画面の左下の「このブログに投票」を押していただけますでしょうか?ご協力ありがとうございます!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top