タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイ人化した中年日本人男性が本帰国後に直面した厳しい現実

タイ人化した中年日本人男性が本帰国後に直面した厳しい現実

昨年2016年に日本を観光で訪れたタイ人は90万1,400人。今年2017年は110万~120万人と予測されているなど、盛り上がるタイ人向けインバウンド需要。

その結果、日本を観光で訪れるタイ人相手のインバウンドの仕事をしたほうが、タイで現地採用や自営で働くより割が良いしビザの心配もしなくていいと、日本に本帰国後、タイ人向けのインバウントの仕事をしている日本人も増えてきているようです。

筆者の知人にも、日本に本帰国してタイ人向けインバウンドの仕事をしている中年男性がいるのですが、タイに10年以上滞在して、日本人よりもタイ人の付き合いが多かったせいか、悪い意味でタイ人化してしまっていました。そのため本帰国後、早速、仕事でトラブルを起こしてしまいました。

その知人は、タイ人男性のようにフレンドリーで女好き。しかも、見た目が実年齢同様40代なのに、本人は見た目が若いと勘違いしており、気のある女性には10歳以上若くサバを読んで言うような性格です。先日、タイで逮捕されて、その若作りぶりが話題になった詐欺師の山辺節子容疑者(62歳)が、交際相手のタイ人男性(元ホスト)に38歳と言っていたように。

そんな彼が働く職場に、20代で在タイ経験があるだけでなく、タイ人の彼氏が以前いたという女性が入社してきました。「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」で、在タイ中は若いタイ人女性をナンパしていた知人男性は早速、仲良くなろうと接近します。その結果、携帯電話番号は教えてもらえなかったものの、LINEで友達になることに成功します。

知人男性はLINEでメッセージを送るよりも、とにかく電話!というオッサンです。後輩の女性はメッセージのやり取りくらいならいいか、と軽い気持ちからLINEで友達になったのに、相手の都合も考えずに結構頻繁にLINEで無料電話がかかってくることに当惑。そして、次第にストレスを感じるようになっていきました。

また職場での、知人男性の、タイ人のバイクタクシーやシーローの運転手のようなフレンドリーさや距離の近さも、ストレスを感じ始めた彼女。職場で波風を立てたくないと、しばらくは我慢していた彼女でしたが、最終的に、職場の上司に、知人男性からのセクハラが原因で退社したいと伝え、早期退社してしまいました。

知人男性は職場の上司から結構キツく説教されたようで、日本とタイでの女性とのコミュニケーションの距離感の違いを痛感。しばらくションボリしていました。

会社に知人男性をセクハラと訴えた女性も、おそらく、俳優の斎藤工のようなイケメンだったら結果は違ったのではないでしょうか。日本ではモテなかった男性が、タイ在住中に自分をモテると勘違いしてしまった結果、本帰国後に痛い目に遭ったという、よくある?話でした。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top