タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

初のタイ旅行でパタヤに到着した10分後に引ったくりに遭った日本人観光客

初のタイ旅行でパタヤに到着した10分後に引ったくりに遭った日本人観光客

2017年6月14日(水)夜、東京から夫婦で初めてタイに観光旅行に来た日本人男性(29歳)が、パタヤに到着したバスを降りてから、わずか10分後に、5万バーツ(約16万3080円)相当の金のネックレスをバイクに乗った強盗に引ったくられる事故に遭っています。

その日本人男性は空港から乗ったバスを降りて、宿泊先のホテルに向かうために、荷物を持ってタクシーを待っている時、首にかけていた金のネックレスを、接近してきたバイクの運転手に強引に引きちぎられて盗まれています。

その日本人男性は「パタヤは世界的に有名なビーチリゾートという評判だったから来たのに、治安面でかなり問題がある」とボヤいていたそうです。

初めてのタイ旅行でパタヤに到着してすぐに引ったくり被害に遭った男性にとっては、パタヤを「修羅の国」のように感じたのかもしれません。

しかし、パタヤでは数年前から、裕福な中国人観光客を狙った、金のネックレスの引ったくり被害が多発していることは日本語のネットニュースなどでも何度も報道されていますし、地元のパタヤ警察署も外国人韓国客に向けて警告しています。

また、夜は治安の悪いパタヤで、かなり目立つ「Comme Des Garçons Play(コム・デ・ギャルソン・プレイ)」のTシャツを着ていたことで、金持ち外国人として、引ったくり犯に目を付けられた可能性もありますね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top