タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

日本人シニア、ソープランドの前に停めた車の中で亡くなる

日本人シニア、ソープランドの前に停めた車の中で亡くなる

タイ北部のチェンマイ。バンコクの北方約720キロに位置するタイ第2の都市です。かつてランナー王国の都でその遺跡が市内に今も残っています。 「ランナー文化」と呼ばれる独自の文化がここで花開きました。建築や仏像、言葉や料理、工芸の分野などで現在もその名残りを見る事ができます。

近年では、日本人ロングステイヤーに人気の滞在地として有名です。バンコクほどうるさくなく、気候も良く、私立病院の医療面が充実している事などがその理由と思われます。

そのチェンマイで日本人のシニアの方が亡くなられました…。

6月27日、チェンマイ警察は駐車した車の中で死亡していると見られる人物についての報告を受けました。現場は市内のチャンクラン地区にあるソープランド(massage parlour )の前、車はロックされ窓も全て閉まっていました。警察の調査で亡くなったのは日本人のYAさん(69歳)と判明しました。 YAさんは少なくとも発見の3日前に死んでいたと見られています。

YAさんの家族は、23日の朝から家に戻って来ない事を心配して行方不明の届け出を警察に出していました。

YAさんはタイに40年間も住んでいて、6年前にタイ人の妻が亡くなって独り身になっていたそうです。故人の家族は、YAさんは優しい人で敵がいたとは思えないと語っています。

犯罪の可能性は低そうですが、警察は調査を進めていて結論をまだ下していません。

YAさんのご冥福をお祈りいたします。

Source:Chiangmai News

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top