タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

日本人男性プログラマーがスクンビットのコンドミニアムから転落死

日本人男性プログラマーがスクンビットのコンドミニアムから転落死

タイの放送局PBSなどの報道によれば、8月18日(木)夜明け前、日本人男性プログラマーが、スクンビット・ソイ53にある8階建ての高級コンドミニアム(レインツリー・ヴィラ)の屋上から転落死しています。警察は状況から、倉品裕近氏(37歳)が自殺を試みたのではないか?と見て、さらに調査を進めています。

thumbnailトンロー警察署のノパドン・サマート副所長は「倉品氏が借りていたコンドミニアム(マンション)の5階の部屋から、今朝、日本語と英語で書かれた遺書が見つかった。彼は自身の健康問題を憂慮しており、両親にメッセージを残していた」と述べています。

コンドミニアムの屋上には、缶ビールの空き缶、空になった医療薬が3パック分、スリッパ、椅子が残されていました。

コンドミニアムの警備員は「その日本人は3年間、滞在しており、毎朝、彼から通勤するためにタクシーを手配するよう頼まれていた。業務中、重い物が落ちる音がしたので、確認に行ったところ、毎日タクシーの手配を頼まれていた日本人の遺体だった」と、警察に証言しています。

Image Image (2)また、警備員は「その日本人は仕事に出掛ける際、いつもうつむいていた」と証言しています。倉品氏は自身の健康問題に悩んでおり、うつ病の可能性があったが、孤独で交際相手もいなかった模様。

部屋の中に荒らされたり争ったりした形跡が無かったことから、警察は自殺と見ているが、法医学の見地から正確な死因を調査中。遺体は検死を行なうため、チュラロンコーン病院に搬送されています。

タイに日本人が増えるにつれて、タイで自殺する日本人の数も増えており、年間でおよそ100人はいます。平均すると、週にひとりは日本人が自殺している計算になります。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 証明写真でこれって結構イケメンやん。もったないね

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top