タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

日本語サイトが空港飲料水の値段を告発、首相がコメント

日本語サイトが空港飲料水の値段を告発、首相がコメント

タイのプラユット首相は、バンコクの2か所の空港での水や食べ物などの値段について調査するように指示を下しました。日本語のウエッブサイト「タイランドハイパーリンクス」に掲載された記事が元で今回の指示のきかっけです。

政府のスポークスマンは、プラユット首相が、何故空港での飲食物が高いのか尋ね、その理由を調べる政府の義務だと述べたと地元メディアに伝えました。

「タイランドハイパーリンクス」の1月8日の記事で、空港で販売される水が4050バーツ=約130170円と、通常価格の4~5倍という高値であることを指摘しています。

それも、2016年に、空港の飲食物が高すぎるという指摘で一度は10バーツまで値下げされたのにも関わらずです。

この記事を読んだ山崎銀次郎さんが自分のフェイスブックで9日に、日本語とタイ語で、「タイの空港使用料が東南アジアの中では突出して高い」こと、「成田はどこにいってもすぐ近くに自動販売機があります。そしてそれらは一般市街とまったく変わらない値段」で、また「一番便利な点として展望式のフードコートがあって、レストランなどを利用しなくてもいつでもローソンなどの弁当をたべることができます」と書き、最後に「タイ人のみなさんには、そのままその国の顔となる空港の問題を、もっと真摯に受け止めてほしいと思っています」と訴えました。

この山崎さんの真摯な訴えかけが、タイの人々の心を揺さぶった事から、それがプラユット首相の耳に届き、異例の速さの指示につながったと思われます。

…いや、本当にまさしくその通りだと思います!皆さん、是非、山崎さんの訴えの全文をフェイスブックでお読みになってください。

しかし、タイも動く時は動くんですね、記事が出た後の対応が早い!

今回の首相の指示で、空港で安く飲み食いできるようになれば良いんですが…。

Source:Thailand Hyper Links,Matichon

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top