タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

「スワンナプーム空港では、Uberタクシーは客を拾えない」とAOTが強調

「スワンナプーム空港では、Uberタクシーは客を拾えない」とAOTが強調

2017年2月27日、エアポート・オブ・タイランド(以下、AOT)社 (タイ空港株式会社)は、タイ陸上輸送局に登録されていない、非公共車両のUber(ウーバー)タクシーは、スワンナプーム空港で乗客を拾うことができないと強調しています。

AOTのスワンナプーム空港のゼネラル・ディレクターは、スワンナプーム空港で民間配車サービスのUber車両が乗客を拾うことを禁止した決定について、空港管轄下の区域内での、正式に認可されていない車両が商業目的で乗客を乗せるUberのサービスは、AOTのセキュリティ規定で禁止されているため、承認できないと述べています。

AOTは、Uberがタイ陸上輸送局への登録が適切に完了すれば、Uberタクシーのスワンナプーム空港敷地内での営業許可を検討するようです。

スワナンプーム空港の敷地内で客を拾うことができるタクシーは(タイ陸上輸送局に登録されている)公共のタクシーであると同時に、AOT社にも認定されている必要があります。また、違反したタクシー運転手には2,000バーツの罰金が課せられ、AOT社のブラックリストに登録されてしまいます。

Uber利用者からは「AOT社のタクシー利権を守るために、Uberを締め出しているのではないか?」「(タクシーメーターを使いたがらない)ボッタクリ・タクシーよりUberのほうがいいよ!」という意見も。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top