タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

デートスポットINタイ:テーマ型ショッピングモールへゴー!

デートスポットINタイ:テーマ型ショッピングモールへゴー!

タイの女の子にとってSNS(ソーシャルメディア)は日々の生活に欠かせません。ある統計では、バンコクがSNS利用率の世界で一番高い都市になっています。デートスポットは写真映えする場所でなければウケません。

そんな中、注目したいのがテーマ型ショッピングモール。バンコクとその郊外には、独自のテイストを持った楽しいモールがたくさんあります。

「ターミナル21」

テーマ型ショッピングモールの草分け的存在であり、ロケーション抜群(BTSとMRTが乗り入れ)な場所にあります。その名の通り、空港のターミナルを模していて、各フロアが「サンフランシスコ」「ロンドン」「イスタンブール」などの都市をイメージした内装になっています。「東京」の階には巨大な招き猫やお相撲さんの像があるのですが、日本人の目から見ると「少し変」です。ここはフードコートもお薦め、他のモールに比べて料理の価格が安めです。

「アジアティック・リバーフロント」

バンコクが「東洋のベニス」と呼ばれ、運河で栄えていた頃に倉庫として使われていた場所をモールへ改造。夜景も綺麗で、良い写真が撮れます。ショップやレストランだけでなく、観覧車やオカマショーなどアトラクションも充実。BTSのサパーンタクシン駅から専用フェリーが出ていて、無料でチャオプラヤの川旅を楽しめます(ただ、乗船のための列が凄い…)。道路から行こうとしても渋滞している事が多く、市内にあるにも関わらず意外と面倒です。

「チャーン・チュイ」

バンコク郊外にあるアート系ショップが集まるモールです。敷地には飛行機や巨大なオブジェが置いてあって、SNS映えします。地元アーティストの作品を集めたギャラリーや映画館、レストランやカフェなどが並んでいてそれぞれ個性的。ちなみに曜日や時間帯によって入場料金が必要です(*火曜~金曜午後4時~午後9時20バーツ=約70円、週末午前11時~午後9時40バーツ=約140円、それ以外は無料)。先日紹介した昆虫食専門レストラン「Insects in the Backyard」もここにあります。一緒に試してみはいかがでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top