タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

パタヤとホアヒン間を結ぶフェリー、2017年2月から就航開始

パタヤとホアヒン間を結ぶフェリー、2017年2月から就航開始

パタヤとホアヒン間のフェリーサービスを開始するにあたって強度に欠けると懸念されていたパタヤのバリハイ桟橋を補強工事が終了し、2016年12月末までに最終検査の大部分が完了しました。

その結果、パタヤとホアヒン間を結ぶフェリーサービスが、2017年2月から定期運航されることになりそうです。タイ湾を横断して、タイの代表的なビーチリゾートのパタヤとホアヒン間を往復する中国製のフェリーは、全長38m、座席数339席、最高速度は時速約60km。1日1往復、片道1時間40分で、両都市間を結びます。

気になる運賃は、片道1,250バーツになる予定です。乗客の7割は団体旅行客、残り3割が個人旅行客と予測されています。フェリーが登録された後、2017年1月5日に試験就航が行われましたが、例年より季節風が強く海が荒れていた結果、当初予定されていた1月から2月に定期就航の開始時期が延期されました。

タイ在住の欧米人のコメントの中には「中国製なので、安全面から、しばらく様子見かな?」「ホアヒンにもパタヤのように、中国人ツアー客が押し寄せようだな」という意見も。

観光客にとっては、このフェリー就航後は滞在期間中にパタヤ、ホアヒン、バンコクと、3か所の観光地を訪問できるようになりそうですね。

ソース: Thairath

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top