タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

中国人にバンコクのパヤタイ⇒サムセンのタクシー料金2540バーツ請求

中国人にバンコクのパヤタイ⇒サムセンのタクシー料金2540バーツ請求

9月27日(火)夜、バンコクのエアポートリンクのパヤタイ駅からサムセン通りのタラ・パレスホテルまでタクシーで行った中国人女性観光客4人に対して、タクシーメーターをいじって表示された2540バーツを請求したタクシー運転手が逮捕されています。

サヌック・ドットコムによれば、運転手がタクシーメーターに表示させた「2540」という数字は、タイの陸上輸送局が”タクシーメーターが適切に機能しているか?”を確認する際に表示させる数字で、あるボタンを押すだけで表示させることができるそうです。

ボタンを押すだけで、あたかも実際の料金のようにタクシーメーター上に表示させることができるため、外国人観光客など、土地勘の無い乗客からぼったくるために、その表示を悪用することは、タイのタクシー運転手の間では常識なのだとか。

しかし、中国人女性観光客4人の宿泊先である、川の近くにあるサムセン通り沿いのタラ・パレスホテルのスタッフが、そのタクシー運転手を胡散臭いと感じて、タクシーの登録番号とナンバープレートを、タイの陸上輸送局に通報していました。

その結果、そのタクシー運転手・スラチャイは、翌日28日(水)夜、バンコク・ラチャダーのアパートで逮捕されています。

逮捕されたスラチャイは、タクシーの登録番号を665から666に書き換えており、タクシーも兄弟から借りたもので、彼自身はタクシーの運転免許は持っていませんでした。

スラチャイは中国人観光客をだました罪で、罰金として千バーツ徴収されただけでなく、1か月、刑務所にぶち込まれることに。

スワナンプーム空港からバンコクの市街地までのタクシー料金は、だいたい500から600バーツくらいです。タイで胡散臭いタクシーに乗ってしまったら、タクシーメーターの数字が不自然な上がり方をしないか注意しましょう。

それでもボラれそうになったら、行き先のホテルのスタッフに相談したり、証拠としてタクシーメーターの料金、(タクシーの助手席前に表示してある)タクシーの登録番号、ナンバープレートなどを、スマホのカメラで撮影するかメモしたりしておいて、後でツーリストポリスに訴えましょう。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top