タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

漢のタイ観光!伝統の格闘技ムエタイを観る

漢のタイ観光!伝統の格闘技ムエタイを観る

伝統の格闘技であるムエタイ、せっかくタイに来たのですから観ておきたいですよね?

立ち技における世界で最強の格闘技といわれるムエタイ。激しいパンチ、肘打ち、キック、芸術的なフェイントなどが特徴です。その歴史は何とスコータイ王朝(13世紀)まで遡るそうです。当時は軍人が戦闘の際に用いていました。1929年にグローブ着用がルール、また1941年にラチャダムヌン・スタジアムが設立されて1試合5ラウンド(1ラウンド3分、ラウンド間休憩2分間)というルールが確立され、現在のスポーツとしてのムエタイの形ができました。

バンコク市内でムエタイの試合が行われているスタジアムは2つ。チャイナタウンやカオサン通りに近く、官公庁が多いポーンプラープ区にあるラチャダムヌン・スタジアムと、ドンムアン空港に近いルンピニ・スタジアムです。曜日によって開催されるスタジアムが違います(ラチャダムヌン:日曜・月曜・水曜・木曜、ルんピニ:火曜・金曜・土曜)。各旅行会社のムエタイ観戦ツアーに参加するか、自分でタクシーを使ってスタジアムに行ってチケットを買う方法の2種類あります。

またムエタイをエンターテインメント・ショー化した「ムエタイ・ライブ:伝説は生きる(Muay Thai Live:The Legend Lives)」もお薦めです。伝説のムエタイ王者であるナレースワン王のエピソードなどを舞台化、同時に歴史や技のポイントなども紹介しています。説明やセリフには英語や日本語の字幕が付き。ショーの後には出演者たちと写真を撮る事もできます(オカマショーだと記念撮影をしようとするとチップを要求されるのですが、ここでは無料です!)。休憩時間を挟んで、同じ場所にリングを作り、実際のムエタイの試合も行われます。これもチケット代に含まれています。席はプレミアムシート(1500バーツ=約5000)とスタンダード・シート(1200バーツ=約4000)2種類。ホームページを通じて予約もできます。先日紹介したテーマ型ショッピング・モールの「アジアティック・リバーフロント」の敷地内に常設劇場があります。モールの観光も兼ねた予定を作ると一石二鳥だと思います。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top