タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

10月1日からタイ出入国カードが変更、新カードの内容例

10月1日からタイ出入国カードが変更、新カードの内容例

10月1日からタイに入国する際に必要な出入国カードが変更になります。一番大きな違いは、今まで、「入国」「出国」用に2枚になっていたカードが、一枚になったことです(途中で折り目がついているので、入国の際に切り離すと思われます)。

現在使用されているカードと比べると、記入事項にはそれほど差がありません(後面にあった職業や居住国などの項目が前面にきていたり、同じく後面にあったどこから到着したか、次はどこの国へ行くのかという項目がなくなっています)。

今回の変更、出入国審査のスピードアップのためらしいです。

タイへの外国人観光が急激に増加する一方、スワンナプーム空港とドンムアン空港の移民局がそれに対応し切れていないという声があがっていましたよね。

去る8月5日にはドンムアン空港での入国審査が4~5時間かかって非難轟轟だったというニュースもありました。

実は、エアアジアを使って9月の頭にシンガポールへ行って来ました。8月5日のニュースの事を聞いていたので、「長い時間、イミグレで待つかな~」とドキドキしながらタイに戻って来たのですが、あらら、スムース。

今までは、それぞれの移民管理局員のカウンターの前に適当に列を作っていましたが、今は柵が作られて、全ての人が一列行進で並ぶシステムに変更されていました。これで横入りする中国人にイライラする事もなくなりました!

その上、一定間隔で柵の上に「1時間待ち」「30分待ち」という待ち時間の目安も表示されています。

そして、係員が各列の長さを見極めて、一列で待っていた観光客を「あちらのカウンターの列に並んで」と最終的に誘導します。

タイ移民局やるじゃないですか!

最近思うのですが、このように、いろんな場所や物が段々とうまく整備されてきているように感じます。勿論、人によっては「え~、まだまだだよ」と言われるでしょうが、その対応へのスピードは以前と比べると速くなっていると思います。

Source:Tne Nation

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top