タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

4月1日からラビットカードへのチャージ時のクレジットカード決済禁止

4月1日からラビットカードへのチャージ時のクレジットカード決済禁止

バンコク高架鉄道システム「BTS(バンコク・スカイトレイン)」を運営するバンコク大量輸送システム社(BTS)は、2017年4月1日から、ラビットカードにチャージする際の、クレジットカードとデビットカードでの決済を禁止すると正式に発表しました。

ラビットカードとは、JR東日本のSuica、JR西日本のICOCAのようなプリペイド型電子マネーカード。ラビットカードはBTS乗車の際に自動改札で使用できるだけでなく、マクドナルドなどの提携店で電子マネーとして買い物すれば、10~20%の割引価格で購入できるなどの特典も多いため、特にBTSを利用する機会の多い、在タイ日本人の間でも人気があります。

4月1日から施行される新ルールでは(BTSの乗車1回あたりの運賃が距離に応じて25バーツ~30バーツと割引になる)30日間有効な旅行パッケージ(回数券)を300バーツ以上購入する場合のみ、クレジットカードとデビットカードでの支払いが可能とのこと。

とはいえ、タイのことなので、意図的に?抜け道が用意されており、上記の回数券的な旅行パッケージを購入する際であれば、クレジットカード(もしくはデビットカード)を使って、ラビットカードにチャージできるそうです。

IMG_20170306_093136

バンコクでは、今年2017年6月から、香港のオクトパスカードのように、バンコクのBTS、MRT(地下鉄)、エアポートリンク、路線バスなどの公共交通機関で利用ができるだけでなく、電子マネーとして買い物にも対応が予定されている、オールインワンの共通乗車カード「Mangmoom(メーングムゥム)※カード」が開始される予定です。

※Mangmoom(メーングムゥム)とは、タイ語でクモ(蜘蛛)を意味する単語。

Mangmoomカードでも、今回のような、世界的なキャッシュレス決済に向かう傾向とは正反対の、クレジットカード決済への制限が無いと良いのですが。。。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. クレジットカードが急に使えなくなって窓口でビックリしました
    シティバンク系のカードならOKと言われました

  2. 貴重な情報、ありがとうございます。
    利権絡みなのかもしれませんが、やはり抜け道が用意されていたのですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top