タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

インド映画のセット、カオサンを風俗街に変えて警察出動

インド映画のセット、カオサンを風俗街に変えて警察出動

世界から旅行者が集まるカオサン通り。最近はお洒落なホテルやカフェが乱立、タイの若者もお洒落なスポットとして夜遊びに来たり、かつてのバックパッカーの聖地としての面影はなくなりつつあります。

それを惜しむ日本人の中年バックパッカーたちが多数。数年前までは日本人宿もたくさんありましたよね。

そんなカオサン通りの一角が、突如、風俗街に変身しました。

ボリウッド(ハリウッド+インド)と呼ばれるほど映画産業が盛んなインド。その撮影のため、カオサン通りの一部に怪しいセットを作っていたのです。

そのセットでは、ソイカウボーイで見かけるような衣装の女の子、下着やアダルトグッズを売る店などが用意されていました。

これを見た1人のカオサン通りの住人が激怒、スタッフに詰め寄りました。

「何をやっているんだ?私たちが、カオサン通りをここまで発展させた努力を分かっているのか?立ち去れ!」

そして、そのセットの写真や動画を撮ってフェイスブックに投稿しました。

警察が呼ばれ、セットとスタッフは撤退。調査によって、パタヤに本社を持つ Indo Bangkok Film社がロケのアレンジをした事が判明。

今回のロケは、2016年に制作され大ヒットしたインド映画「Hapipy Bhag Jayeg」の続編の撮影。その主演女優も、タイに入国していた事が彼女がインスタグラムに投稿した写真で分かっています。

…それは地元の人が怒って当然ですよね。

日本に外国人の映画撮影隊が来て、自分の町で「オ~、ココ、怪シイ感ジネ。ソープ街二シヨウ!」とかセット作ったら、抗議しますよ。

ちなみに、インド料理がお好きな方には、カオサン通りにある「テイスト・オブ・インディア」がお薦めです。美味くて値段もリーズナブルです。スタッフの人たちもすごく感じが良いんですが、ミャンマー系インド人ではないかと思います。トリップアドバイザーでも4点と評価高めです。

Source:Coconut Bangkok

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top