タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイにもデコトラはあった!ガンダムやディズニーキャラまで勢ぞろい

タイにもデコトラはあった!ガンダムやディズニーキャラまで勢ぞろい

「おらおら、そこどけ~、俺のデコトラが通るぜ~」

「ぶ、ぶつかったな!親にもぶつけられた事ないのに…ガンダム・デコトラ発進します!」

「野蛮な奴らはいや~ね、ワタシのディズニー・デコトラ見なさいよ~。可愛いでしょ?」

…トラックを派手なペイントや電飾で飾り付けた「デコトラ」。1970年代の日本で、菅原文太扮する「トラック野郎」シリーズをきかっけに大ブームとなりました。しかし、現在は多くの企業がデコトラの出入りを禁止。運送会社側もデコトラを禁止している所が多く、かろうじて個人所有や小さな規模の運送会社のトラックだけが、デコトラの伝統を引き継いでいるようです。

日本では衰退したデコトラですが、何と、ここタイで盛り上がっているのです!デコトラの運転手たちは「トラック・パーティ」と呼ばれる集会を開き、ご自慢のデコトラを披露しているそうです。

タイは東南アジアの輸送のハブ的存在な国。北はミャンマーとラオスに接し、東はカンボジア、北はマレーシアをつながっています。トラックは各国に物を運ぶ重要な輸送道具で、その需要は非常に高いのです。

トラック運転手たちは自分の愛車に、16万バーツ=約54万円もかけてペイントをしたり、自らステッカーを貼ったりして飾りたてています。

トラック・パーティはデコトラを自慢する場としてだけではなく、普段は孤独に走るトラック運転手たちをつなぐ役目も果たしているそうです。

「事故に遭ったり、故障が起きても、助けてくれるマブダチがここで見つかるのさ」(トラック・パーティに参加していた運転手の1人)

「綺麗に飾り立てたトラックの運転手は、自然と気をつけた運転をするようになるんですよ。金のかかった車体に傷をつけるのは嫌ですからね」(トラック会社の社長)

ちなみに、タイの交通法律上、こういったデコトラは安全面から禁止されています。しかし、運転手たちは、たいてい警察から見逃さられるか、軽い罰金で済んでいるそうです。

Source:The Nation

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top