タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

チェチュンサオの民家のトイレ内、ミズオオトカゲの赤ちゃんが登場

チェチュンサオの民家のトイレ内、ミズオオトカゲの赤ちゃんが登場

以前、タイ全土で民家のトイレを使用中、便器の穴から大きなヘビが這い出して来た事件がSNS経由で拡散されて話題になりましたが、今度は全長30㎝くらいのミズオオトカゲの赤ちゃんが便器の穴から顔を出すという事件がありました。

2016年11月21日(月)朝、チェチュンサオ県の民家のトイレで、4歳の男児がタイ式便器でふんばっていたところ、便器の穴から、ミズオオトカゲの赤ちゃんが顔を出して「サワディ・カップ(こんにちは)!」

驚いた子供の悲鳴に駆け付けた父親(28歳)は、すぐにボランティアのレスキュー隊に連絡。到着したレスキュー隊員が1時間以上格闘してミズオオトカゲの赤ちゃんを便器の穴から引き上げたところ、赤ちゃんとはいえ全長30㎝くらいあったそうです。

lizard2_0

以前、同じチェチュンサオ県の民家のトイレで、便器の穴から這い出してきた大きなヘビに男性器を噛まれて流血沙汰になり、救急車で病院に運ばれるという事件がありましたが、今回は無事で良かったですね。

タイではトカゲを見かけると、良いことが起こると考えられているそうですが、狭い密室のトイレ内で、赤ちゃんとはいえ、大事な部分を噛まれると大事になるミズオオトカゲとは出くわしたくないものです。

ソース& Photo: Bangpakong News

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top