タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

バンコクの寿司チェーンでネズミ出没、店側が謝罪

バンコクの寿司チェーンでネズミ出没、店側が謝罪

高級ショッピングモールのパラゴンにある寿司店で大問題が起きました。あるタイ人客が、ネズミがキッチン内をウロウロしている様子を動画に撮影しフェイスブックに投稿。そこからネット上での騒動に発展したため、店側は正式に謝罪する事になりました。

問題になった店は、バンコクとスワンナプーム空港に数店舗を展開する回転寿司チェーンの「寿司でん」。未確認ですが、日本から進出したのでなくタイ現地系のチェーンのようです。

今回、動画を投稿したのは Narongkrit Suwancharusさん。現地メディアのレポーターに対し、「私は寿司でんの常連でよく来てきました。その日、カウンターに座って注文をし、スマホをいじっていて、ふと気がつくと、ネズミがキッチン側にいたのです」

Narongkit さんは動画撮影後、注文をキャンセル、すぐに店を去りました。

寿司でんは、ネットで声明を出し、謝罪と共に「徹底的掃除」をするために1日店を閉めると発表しました。

…寿司でんについてネットで調べてみると、この事件の前から評判は良くないですね。トリップアドバイザーに「2人で10皿ほどと飲み物を2杯頼んで1800THB、日本円で6000円強。正直ぼったくり価格です。にぎりもヘタ。醤油を頼まないと持ってこなかったり、ガリも用意がありません。」というコメントや、サービスや衛生面のレベルが低い事を指摘する投稿がたくさん掲載されていました。

日本食ブームでバンコクにはたくさん日本食店がありますが、ネットで情報収集をして店を選ぶのが賢明そうですね。

一番のポイントは、やはり日本人経営か否かという点でしょう。日本オーナーであれば、味もさることながら、サービスや衛生面でそうそうひどい店は少ないと思います。

Source:Narongkrit Suwancharus/Facebook,Morning News

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top