タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

バンコク都庁が選ぶベスト・トイレ2017発表!&タイのトイレ事情

バンコク都庁が選ぶベスト・トイレ2017発表!&タイのトイレ事情

BMA(バンコク都庁)が、市内の公共施設の中での「ベスト・トイレ2017」を発表しました。11月19日がUN(国連)の提唱するWorld Toilet Day である事に因んだものです。

ベスト3に入ったのは、チャトチャック・ウイークエンドマーケットに隣接する「Rot Fai (or Vachirabenjatas) Park」、チャイナタウン近くの「BMA Central Hospital」、Samphanthawong 地区のChakkawad School です。これらの施設のトイレはHAS(Healthy=健康的, Accessibility=アクセスの良さ、Safety=安全性)の3点が良いと保険局に評価されました。

リストの最後の学校には入る事ができないでしょうが、公園と病院なら行くことができるので自分の目で「ベスト・トイレ」か確認するのも楽しいですね。

私のベスト・トイレはデパートの「伊勢丹」の中の物です。ウオッシュレットも完備していて、比較的、空いているのでゆっくりと用が足せます。

バンコク市内のデパートなら、ある程度、綺麗なレベルなのですが、よくあるのが便座に小便が飛び散っていること。座る部分を持ち上げずに用を足す輩が多いのです。信じられませんね。

これから観光でお見えになる方のため、タイのトイレ事情について少しお話させてください。特に地方に行く際に訳に立つと思います。

日本とタイのトイレで違う点は、

1:駅やバスターミナルなどで使用料をとること。大抵、5バーツ=約17円くらいです。トイレットペーパーがない場合は、係のおばちゃんから買いましょう。

2:トイレットペーパーをトイレに流さず、横に置いたバスケットに捨てる場合が多いこと。

3:横にホースが付いていて、これをウオッシュレット代わりに使って洗うこと。ホースではなく、甕が置いてあって、そこに入れてある手桶を使う場合もあります。このタイプの場合、用を足した後、自分で手桶に入れた水を「じゃ~っ」と勢いよく便器に流して、綺麗にします。同時に、このタイプだと、床が水でビシャビシャになっている事が多いので、荷物を濡らさらないように気をつけてください。

Source:The Nation

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top