タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

パタヤの有名オカマ娼婦、ロシア人観光客から金を盗み捕まる

パタヤの有名オカマ娼婦、ロシア人観光客から金を盗み捕まる

パタヤ警察の発表によると、地元で「ウオーキング・ストリートのノーイ」と知られているオカマ娼婦が逮捕されました。ロシア人観光客から金を盗んだそうで、「再手術のお金が欲しかったのよ」と自供しているそうです。

10月10日夜、ノーイこと本名サクダ・ヌチュウオン(26歳)は友人の女(正体不明)と共にロシア観光客と酒をウオーキング・ストリートで飲み、その後、男のホテルに向かいました。

ホテルに着き、男がシャワーを浴びている間、サクダとその友人は金庫を開き、中にあった75グラムの金のネックレスと4000バーツ=約1万3千円を盗みました。シャワーから男が出てくると、サクダたちは家に帰ると言って部屋を去りました。ロシア人は盗難に翌日朝まで気づかなかったそうです。

パタヤ警察はホテルのCCTVに残された動画を元に、サクダをアパートに追い詰め逮捕。共犯者は未だ捕まっていません。

サクダは最高5年の禁固及び最高1万バーツ=約3万3千円の刑が科せられる予定です。

…という事件なのですが、オカマ怖いですね~。結局、元は男だから戦ったら体力的にも負けるかもしれないし。

バンコクの日本大使館からも、オカマによる以下のような事件の注意喚起が発表されています。

抱きつきスリ団

夜間,バンコク都内ナナ地区からアソーク地区の路上で,「抱きつきスリ団」による被害が発生しています。この犯罪は,歩いている被害者に対して,まず,女装した犯人が,近付き,前方を塞いだり,抱きついたりします。すると,別の犯人2名が現れ,被害者の両側から腕を羽交い締めにして,動きを封じ込めます。そして,別の犯人が,財布等を抜き取ります。「ボディバック」を所持する観光客が,犯罪被害に遭う傾向がありますので,ご注意ください。

日本人は良いカモだと思われているのか、私の知人も財布やスマホを取られたり被害に遭っています。ナナやアソークを夜歩く時は気をつけて下さい!

このパタヤのノーイの場合、フリーのオカマ娼婦として客を探していたと予想されます。タイで遊ぶ時は、こういった偶然の出会いではなく、信頼できるお店を使うのがベストという事でしょうね。

Source: Sanook

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top