タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

料理の中にゴキブリを発見した男性600万バーツの賠償金を求める

料理の中にゴキブリを発見した男性600万バーツの賠償金を求める

ゴキブリなどの虫が料理に混入していたという事件が多発しているタイですが、また新たな事件です。

チェンマイにあるセントラル・チェンマイ空港フードコートで、自分が注文したガーリック・ポーク・フライドライスに添えられた目玉焼きにゴキブリが入っているのをThanapiphat Chaitanatanatatさんは見つけ、その動画をフェイスブックにアップしました。

ここまでは、よくある事件なのですが、今回が普通と違うのはThanapiphat さんは600万バーツ=約2千万円を慰謝料として請求すると宣言したこと。彼は地方政府の担当局に事件の届け出をして、調査を進める事を求めています。

「私がゴキブリに気づいたのは、すでに半分くらい料理を食べた後でした。思わず吐きそうになりましたよ」と彼はフェイスブックに書いています。

この動画の中では、目玉焼きの黄身の部分にド~ンと乗っているゴキブリや、謝罪に来ているモールのマネージャーの姿を見る事ができます。

マネージャーは払い戻しをすると言ったが、自分は拒否した、とThanapiphatさんは続けて書いています。

「私は彼らに言ったんです、“もし、あなたがゴキブリ入りの料理を食べさせてられた後、料金を返されても納得できますか?”とね」

Thanapiphatさんによると、ガーリック・ポーク・フライドライスはその場で料理してフレッシュだったが、目玉焼きはすでに調理したものを置いてあったそうです。

「モール側は料理を出した店に処罰を下すことを約束しましたが、問題は残っています。これまで衛生的でない料理を食べさせてられてきた顧客はどうなるのか?という事です」

そこで、タイで顧客の権利を守る新しいルールを設置したい、今回の訴訟で勝ち取ったお金の半分をそれに使う、と彼は言っています。

「私は2つの理由で600万バーツを請求しているんです。300万バーツはゴキブリを食べさせられたため、残りの半分は他の顧客を助けるためです」

記事の最初で述べたように、ゴキブリが料理に混入する事件が多発しています。今年7月には有名な飲茶の店でゴキブリ入りワンタンを顧客が発見しクレームをしたところ店側から10()のディスカウントをすると言われたり、10月にはマクドナルドのコーヒーにゴキブリの足が入っていて、会社側はそれを正式に認めて謝罪する事件もありました。

「グーグルでゴキブリ発見と検索してみて下さい、どれだけ多くの記事が見つかるか驚きますよ。でも、こらまで誰も何もしようとしてこなかった。今回の私の事件をきかっけに何かが変わればと思っています」

Thanapiphatさんは、こうも書いています。

「これまでも衛生的でない料理に遭遇した経験はあります。でも、それは屋台など安いお店でのこと。今回の事件は高級モールとして知られるセントラルで起こったのです。彼らには高い金額を取って収益を上げている分、衛生である義務がある筈です」

Source:Sanook

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top