タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

民泊した中国人が部屋をゴミ箱状態に!オーナーが激怒!

民泊した中国人が部屋をゴミ箱状態に!オーナーが激怒!

日本でも民泊に絡んで色んな問題が発生していますが、タイでも同じ事が起きています。

プーケットに住むトンさん(仮名)が、中国人のカップルに空港近くにある自分の部屋を貸した所、たった2晩で無残な状態にされて激怒しています。

この中国人たちは40代で、トンさんが最初に会った時はフレンドリーでマナーも良く、お薦めのシーフード・レストランなどの情報を訊いてきたそうです。

ところが、彼らのチェックアウト後、掃除担当のおばちゃんが来てビックリ!オーナーであるトンさんに電話して自分の目で確認するように求めてきました。

部屋に駆け付けたトンさんが、まず気が付いたのは異臭です。そして部屋の中にはゴミが散乱していました。

「10年間、部屋を貸し出し続けていますが、こんな事になったのは初めてです」

驚いたトンさんはCCTV(監視カメラ)のビデオをチェック。すると中国人たちはレンタルした車から黒い大きなビニール袋を部屋に運び込んでいました。

部屋に散乱したカニやエビの殻などから、トンさんは、中国人たちは自分が薦めたシーフード・レストランのゴミ捨て場からそれを持ってきたと推測しています。

「彼らが2晩分の宿代である1600バーツ=約5400円を払う時、財布の中には札がたくさん詰まっているのがチラッと見えました。貧乏ではないのに何故そんな事をしたのか分かりません」

掃除のために丸1日を費やしたトンさんは、中国人たちから掃除代金を請求しようとしています。

「部屋はまだ臭いがします。異臭が消えるまで数日はかかるでしょう」

―トンさんが中国人たちを追い詰め、今回の被害の代償をちゃんと貰えるように祈りたいですね。

しかし、部屋をたった2日でこんな状態にできるなんて信じられませんね。悪意があったとしか思えませんが、それとも中国人にとっては当たり前の事なんでしょうか…?

Source:Coconut Bangkok

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top