タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

newsの記事一覧
女性歓喜のマッチョ美容室がオープン?!

女性歓喜のマッチョ美容室がオープン?!

「いらっしゃいませ、マダム!」「あら~、素敵~」アラフォー女性のレックさん(仮名)は驚いた。その新しい美容室に入った途端、上半身裸のマッチョなイケメンが迎えてくれたのだ。「さあ、お手をどうぞ」そして、腕を差し出して、イスまでエスコート。「では、失礼します」今度は、そのイケメンが自分の髪を優しく洗い始めました。「もう~素...
合成写真ではありません!プーケット島ナイヤンビーチが飛行機マニアの間で話題

合成写真ではありません!プーケット島ナイヤンビーチが飛行機マニアの間で話題

「うお~、スゲー!」「こんな近くで飛行機が見れるなんて驚くなあ~」「おい、また来たぜ!着陸するぞ!」人々はみな驚きながら記念の写真や動画を撮っています。世界的なビーチ・リゾートとして知られるプーケット島。その北部に位置するナイヤンビーチは穴場の海岸として人気です。比較的静かな環境でサーフポイントとしても絶好。そんなナイ...
セクシーモデル、ファストフード店でパンチラ!訴訟騒ぎに発展

セクシーモデル、ファストフード店でパンチラ!訴訟騒ぎに発展

人気セクシーモデル、Minggomut “Maming” Kongsawasさん。彼女のフェイスブックページは65万ものフォロワーを持ってます。タイの女の子らしい、明るい笑顔が堪りません!出身は有名ビーチリゾートのパタヤがあるチョンブリー県。現在はバンコク在住です。スレンダーにも関わらず見事な胸の持ち主で、フェイスブッ...
ラーメンを食べた真犯人は誰だ!タイで起きたミステリー!

ラーメンを食べた真犯人は誰だ!タイで起きたミステリー!

ある夜、タイで起きたミステリー事件。その悲劇を巻き起こした犯人は意外な奴らでした・・・。「あ~、腹が減った。飯、食わないと。でも、家にあるのはこれだけだ・・・」パパダ・チャヤノーン(Papada Chayanon)さんは、タイの有名インスタントラーメン会社であるママー製インスタントラーメン3個の前でため息をつきました。...
「戦場に架ける橋」の世界遺産申請を、カンチャナブリ県が進行中

「戦場に架ける橋」の世界遺産申請を、カンチャナブリ県が進行中

映画「戦場に架ける橋」で有名な泰緬鉄道(別名:死の鉄道)の世界遺産への申請をカンチャナブリ県が進めています。泰緬鉄道は第二次世界大戦中、日本軍により建設されたタイとミャンマーを結んでいた全長415キロに及ぶ鉄道です。1947年に鉄道は閉鎖されましたが、現在、この鉄道を使ってバンコクのトンブリー駅~ナムトック駅間を1日2...
熟したドリアンを見分けるペンを大学生が発明!

熟したドリアンを見分けるペンを大学生が発明!

「ドリアンってさあ、熟しているか外から全然分かんないよね?」「うん。他の果物なら、外を押せば柔らかさがある程度分かるけど、トゲトゲが付いていて、皮も厚いから無理だよね」「この前、俺の親父が屋台と揉めてた。“高い金出したドリアン、熟してなかったぞ!”って」「これ、僕たちが見分ける方法を発明したら良いんじゃない?」・・・「...
オッパイガールで有名!フーターズ、バンコクに3店舗目をオープン

オッパイガールで有名!フーターズ、バンコクに3店舗目をオープン

オッパイぼ~んのタンクトップ姿のウエイトレスでお馴染みの「フーターズ」。創業は1983年、アメリカ西海岸フロリダ州のクリアウオーターというビーチリゾートとして知られる町です。現在、同チェーンは世界160か国に430もの支店があるそうです。「世界中どこでもオッパイを嫌いな男はいない!」という事の確かな証明ですね。東南アジ...
デートスポットINタイ:パンダに会えるチェンマイ動物園!

デートスポットINタイ:パンダに会えるチェンマイ動物園!

日本では少し前、パンダがブームでした。上野動物園の赤ちゃんパンダのシャンシャンが連日TVを騒がせていて、一目見たいと長い行列ができていたとか。タイの人もパンダ好きらしく、「フードパンダ」という食べ物デリバリー・サイトがあったり、よく歯医者さんのロゴとして使われいます。そして、実はタイにもパンダがいるんです!タイ北部チェ...
クラビ県で10軒の違法宿が一斉摘発

クラビ県で10軒の違法宿が一斉摘発

日本で違法民泊が問題になっていますが、タイでも同じ事が起きています。タイ南部、プーケット島に近いクラビ県は美しいビーチが沢山ある人気の観光スポットです。5月3日、ここで違法でゲストハウスを営んでいる宿が摘発されました。クラビ県で最も大きいアオナン・ビーチが広がるアオナン・エリアで、県副知事を筆頭に50人以上の役人や兵士...
アメリカ人男性のフリをして、中国女性を騙したタイ人捕まる

アメリカ人男性のフリをして、中国女性を騙したタイ人捕まる

「やって来たわ、バンコクへ!私の愛しのスティーブはどこ?」はるばる中国から恋人のディンラー・スティーブに会うために来た Wong Meiさん(69)。彼女はフェイスブックでスティーブと知り合い、一か月ほどの付き合いの後、交際を決めました。スティーブは60万5600バーツ=約208万円が必要だということで、 Wongさん...
Return Top