タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

観光・出張・タイリゾート( 2 )

Category
爬虫類好きなら行ってみよう!スネークファーム訪問記

爬虫類好きなら行ってみよう!スネークファーム訪問記

世の中には爬虫類好きな人っていますよね。ヘビやトカゲをペットにしていたり。個人的には、あのぬめ~っとした感じや目つき(?)が駄目です。しかし、爬虫類好きの友人が日本から来て「スネークファーム」に一緒に行く羽目になりました。入場料は格安の40バーツ=約140円!この料金には、1日2回行われるショーとヘビ博物館の入場料が含...
無料でバンコク観光!タイのアーティストの作品を鑑賞しよう

無料でバンコク観光!タイのアーティストの作品を鑑賞しよう

相変わらず円安が続いていますね・・・。1万円を両替しても3千バーツに満たないのは、ちょっと寂しいです・・・。しかし、節約しながらでも、タイは十分に楽しめます!例えば「バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター(Bangkok Art and Culture Centre)」。通称BACCと呼ばれる美術館は何と入場が...
漢のゆったり時間~列車の旅の薦め

漢のゆったり時間~列車の旅の薦め

漢が一人、旅に出たい時ってありますよね。何の準備もせずに、ぶらっと。そんな気分になったら列車の旅はいかがでしょうか?正直、タイで列車の旅って時代遅れです。飛行機のように早く目的地に着けるわけではなく、バスのように出発頻度が高くなく、その上、長距離になると必ず到着時刻が遅れる。それも数時間単位の遅れだったりするのも珍しく...
漢のタイ観光!レーザーゲームとトランポリンに挑戦

漢のタイ観光!レーザーゲームとトランポリンに挑戦

先日、チェンマイでのバギー体験やサムイ島の室内スカイダイビングについてご紹介しましたが、また大人の漢が楽しめそうなアトラクションを見つけました!「レーザーガンでスナイパー気分!」バンコク市内スクンビット通りのソイ22にあるホリデイ・インの5階にある「ラズガム」は、本格的なレーザーシューティングが楽しめる施設です。建物の...
「デブはビジネスクラスに乗れません」とタイ航空が発表

「デブはビジネスクラスに乗れません」とタイ航空が発表

「すいません、お客様、あなたはビジネスクラスのチケットを購入できません…」「え、なんでだ!金ならちゃんとあるぞ!ほら、キャッシュで払ってやる!」「いえ、お金の問題ではなく・・・」「じゃあ、何が問題なんだ!」「あの~、ですね、お客様のウエストのサイズがちょっと・・・」「ウエスト?ウエストが何だ?」「56インチ(約142セ...
無料(タダ)でバンコク観光!タイ郵便博物館を訪問

無料(タダ)でバンコク観光!タイ郵便博物館を訪問

「タイにもう何回も来ていて、有名な観光地は見に行った。今日はゴルフもない。暇だけど、お金はセーブしたい。どこか良い所がないだろうか?」そんな方には、「サムセンナイ郵便博物館」はいかがでしょうか?場所はBTS(高架鉄道)のサパーンクワイ駅を出てすぐ目の前。郵便局がパヤタイ通り沿いにあって、その裏側にある建物の2階です。こ...
タイ名物、ソンクラーン(水かけ祭り)期間が例年2日延び5日間

タイ名物、ソンクラーン(水かけ祭り)期間が例年2日延び5日間

タイ政府は、今年4月12日木曜を休日にすること決定しました。通常、ソンクーランは4月13~15日。しかし、今年は15日が日曜日で16日が振り替え休日になるので、結局4月12~16日と5連休になります。タイ政府の粋な計らいですね。そのソンクラーンですが、もともと、仏像や年長者などの手に水を掛けてお清めをする儀式でした。と...
漢のチャレンジ!タイでバギーやスカイダイビング

漢のチャレンジ!タイでバギーやスカイダイビング

漢のタイ観光と言えばゴルフとナイトライフ!それ以外でも、射撃やゴーカートなども楽しめる事を以前ご紹介しました。今回も漢が楽しめる面白いアトラクションをご紹介します!「オフロードをバギーで走る!」タイ北部のチェンマイは、雄大な山並みが続いていてトレッキングで有名ですよね。そこを徒歩ではなくバギーで疾駆できるのです!チェン...
17世紀のアユタヤ王朝時代をバーチャル体験!

17世紀のアユタヤ王朝時代をバーチャル体験!

昨年国交130周年を迎えた日本とタイ。それを記念してアユタヤにある日本人村の中に、バーチャル・リアリティ劇場がオープンしました。360度の画面にアユタヤ王朝時代の日本人村のイメージを投影、観客はまるで自分がタイムスリップしたかのような体験ができます。タイがシャムと呼ばれていたアユタヤ王朝時代、タイと日本はチャオプラヤ川...
雑誌の読者投票で、バンコクが最高の旅行先1位に選ばれる

雑誌の読者投票で、バンコクが最高の旅行先1位に選ばれる

英語の旅行雑誌「DestinAsian magazine」の読者投票で、バンコクがアジア太平洋地区で一番のr旅行先に選ばれました。同じ投票で3年連続の優勝になります。同誌は「歴史的名所、現代的生活スタイル、美味しい食べ物、ナイトライフが一緒に楽しめる活気あふれる所」とバンコクを紹介しています。授賞式は香港で行われ、TA...
Return Top