タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

タイのスシローで北海道キャンペーン実施中、実食レポート!

タイのスシローで北海道キャンペーン実施中、実食レポート!

3月末にタイ1号店がオープンした「スシロー」。すでに2号店もランシットにあるショッピングモールのフューチャーパークで営業をしているようです。

今月(6月)は「北海道キャンペーン」を開催している事をフェイスブックページでチェックしたので、またセントラルワールドの1号店に行って来ました!

*北海道を堪能出来るキャンペーン

北海道の海の幸を色々楽しめる今回のキャンペーン、どれから食べようか迷ってしまいます。

まずは、北海道いかそうめんたらこのせ(60バーツ)から。新鮮で柔らかい身が口の中で弾けます!たらこのプチプチも良いアクセントです。

次は、北海道ジャンボホタテ(80バーツ)。その名前の通りジャンボで肉厚、でもちゃんと2つに途中でカットしているので食べやすいです。こちらも新鮮度がよく分かります。ホタテならではの食感が楽しい。

そして、北海道ほっき貝(120バーツ)。存在感のある大きさで、コリコリ感が堪りません!

北海道上いくら包み(80バーツ)は、シャリが見えないくらいいくらがてんこ盛りになっていて贅沢。ノリで包んで口の中に入れると、いくらが次々と弾けて至福の味わいです。

北海道いかジャン辛(40バーツ)は、韓国風の味付けでピリ辛。ビールに合いそう。

そして、少しお寿司から一品料理へと移って、北海道ホタテフライ(60バーツ)をチョイス。こちらも肉厚です!

最後に取っておいたのが、海鮮てんこ盛り(120バーツ)。いくら、海老、松前漬けなどが贅沢にシャリの上にのっています。すごい迫力の見た目です!

月別のキャンペーンですが、4月は「トロ」、5月は「カニ」、6月は「北海道」でした。日本の寿司の本当の良さを知って欲しいという熱意をキャンペーンのテーマから感じます。

まだまだ浸透していないマグロの美味しさを知って欲しいと「トロ」、タイ人はカニカマ好きですが本物の「カニ」はもっと美味しいんだよと・・・。

*日本では「当たり前」の本当のすごさ

ちなみに、コロナ対策でレーンに皿は回らず、タブレットでの注文のみの方式でした。反対にいえば、より新鮮なお寿司が食べられるということですね。

前回(4月)の訪問時のレポートで書き忘れましたが、お茶も水もガリもみんな無料なんです!

日本の回転寿司そのままで、お茶の粉を好みの量だけお湯に入れて飲めます。やっぱり、寿司には熱いお茶じゃないと!甘いアイスグリーンティーなんて飲んでいられません。

寿司の間につまむガリも、箸休めでホッとします。

日本だったら当たり前だけど、タイの他のチェーンの店でこんな事やっていませんよね。ちなみに、ジュース類はドリンクバー形式で40バーツです。

北海道キャンペーン大満足でした。来月は何のキャンペーンなのか気になります!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top