タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイの菜食週間(10月9~17日)が来週スタート、コンビニで限定商品も発売!

タイの菜食週間(10月9~17日)が来週スタート、コンビニで限定商品も発売!

タイにはキンジェーと呼ばれる菜食週間があります。中国文化がルーツの行事で、華僑系の人たちが中心となり、野菜だけを食べる時期です。今年は10月9~17日に当たります(旧暦を使うので毎年日付けが変わります)。

市場で惣菜を売る店も、キンジェーのシンボルの黄色い旗を立て、菜食料理を並べます。キノコや豆腐などを肉や魚の代わりに使っています。

この時期、タイに来られる方はお試しになってはいかがでしょうか?ちなみに、普通の肉料理などもちゃんと売っていますのでご心配なく!

またコンビニでもキンジェーの旗を出し、関連商品を売っています。

この日清食品から販売されているカップヌードルは、キンジェー限定商品。他の時期には買えませんから、お土産に持って帰るのも良いかもしれませんね。

食べてみましたが、タイのインスタントラーメンにありがちな辛さがなく、すごく食べやすいです。

キンジェーの料理、肉や魚を使わないだけでなく、一般的に辛さも控えめな気がします。ニンニクや玉ねぎといった刺激のある野菜も使わないので、胃腸を休めるという目的もあるのでしょう。

バンコク市内のレストランでも、キンジェーにちなんだ特別メニューを出す店があります。

イタリアン・レストランの「ゴヴィンダ」では、トマトソース付き豆腐(285バーツ=1,000円などフュージョン・べジタリアン料理を用意。

老舗アパレル・ブランドが運営する「グレイハウンド・カフェ」ではエリンギの串焼き(180バーツ=約620円)やイミテーション・ビーフ・ライス(200バーツ=約690円)などお洒落な品を提供。

ベジタリアン専門日本食の「ミスター・ゲンキ」では豆腐照り焼き(275バーツ=約950円)やストロベリー・アボカド巻き(120バーツ=約420円)などがメニューに並びます。

食が乱れがちな方は、丁度良い機会なので、この週だけベジタリアンになってみてはいかがでしょうか?

Source:BK magazine

いつも当サイトをご愛読頂きありがとうございます!今、ブログ村でのランキングのアップを目標にしています。恐れ入りますが、画面の左の「このブログに投票」を押していただけますでしょうか?ご協力ありがとうございます!

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top