タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

バンコクで味わえる「おかしな」アイスクリーム!

バンコクで味わえる「おかしな」アイスクリーム!

長引くばかりのコロナ禍でストレスが溜まったり、暗い気持になる中、それを吹き飛ばしてしまうような「笑える」アイスが色々発売されています。

*フライドチキン?アイス?

アイスクリームBKKAiicecream.bkk)という会社の新製品。一見、衣部分がカリカリに揚がった美味しそうなフライドチキンのようですが、実はアイスクリーム!「アイ・クリーム・ウイング」(75バーツ=約260円)と呼ばれ、ベーコン・メイプル・アイスクリームをコーンフレークで覆ってクリスピーさを出しています。外見も面白いですが、ベーコンがどんな風な味わいなのかも気になります。

同時に出た他の新製品はまともで、チョコレートたっぷりの「ショックッド・バイ・チョコ」やアールグレイ紅茶とデニッシュクッキー味の「ハイジー・イン・YVR」、柚子を使った「ユズ・ソウル」などみんな美味しそうです。

店舗はなくデリバリーのみで、4スクープか1パイントの注文での配達料金は69バーツ(約240円)、6スクープまたは700バーツ(2,450円)以上の注文で55バーツ(約190円)など注文量や金額に応じて変動。1,300バーツ(約4,550円)以上の注文で配達料金は無料になります。

*ナンプラー+咳止めアイス!

タイ料理に欠かせない調味料と言えばナンプラー(魚醤)。これがないと何も作れないくらい大事な味付けですよね?でも、それをアイスクリームに使うなんて初めて聞きます!それも、咳止めシロップと一緒に!

その、とんでもないアイスクリームを生み出したのはチャオプラヤ川を挟んだトンブリ地区にある「10010バー10010bar)」というお店。

ナンプラーはラヨーン産の質の高い物を使用し、これに中国系タイ人にはお馴染みのチュアン・ベイ・パオ・ガオ咳止めシロップを合わせたところ、絶妙な味になったとオーナーのボールさんは言います。

アイスクリームは1スクープ(100バーツ=約350円)で、お店で焼かれる特製のペイストリーと一緒に食べるのもお薦めだとか。

*ついには、しゃぶしゃぶのタレをアイスに!

しゃぶしゃぶチェーンの「しゃぶブーテン(Shabu-Bootueng)」は、同社特製のしゃぶしゃぶのスープを生かしたしゃぶしゃぶアイスクリームを販売。甘さとダシの味が同時に味わえるそうです(!)。

1スクープ49バーツ(約170円)で、サパーンクワイやパッタナカーン地区などにある「しゃぶブーテン」の各店で買うことが出来ます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top