タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

怪しすぎるタイの寿司店が進化(?)を遂げていた!

怪しすぎるタイの寿司店が進化(?)を遂げていた!

私たち日本に負けないくらいタイ人って寿司が好きですよね。JETRO(日本貿易振興機構)の調査によると、現在、タイの寿司店数は約700もあるそうです。

*タイナイズなれた寿司

しかし、日本人の考える寿司とは少~し違う「寿司」を出す店も多いですよね。テイクアウト式のチェーンの「シンカンゼン(SHINKANZEN)」もその1つ。新幹線と禅という日本をイメージする物を駄洒落的に組み合わせた店名です。

以前、この怪しすぎる店での実食をレポートさせて頂きました。タコさんウインナーやサバ照り焼きなどをネタにした珍寿司が印象的でした。

日本人にとっては「?」のチェーンですが、地元では人気があるらしく調べてみるとタイ国内に約30店を持っています。

*グランドメニューが一新

先日、この「SHINKANZEN」の前を通りかかると、メニューが新しくなっているのに気がつきました。

イートインスペースに座ってメニューをチェック。以前は寿司とサラダぐらいだったのに、それ以外に、ラーメン、丼物、鍋、揚げ物など日本料理のオンパレード。

寿司のメニューにも、マグロやホタテ、うなぎなど今までなかったネタが追加されています。

お腹が空いていなかったので、気になった数貫をテイクアウトしました。

マグロとマグロ中落ちの軍艦は鮮度が微妙でした。特に軍艦は15分くらいしか経っていないのに色が変わっていましたね。

赤貝はコリコリ感があり、まあまあです。

そして、サーモン味噌。この組み合わせどうなんだろう…って怖い物見たさで選んだのですが意外と美味しかったです。

和牛ビーフというのにも挑戦。タイ人向けに味がすごく濃いです。

5貫で合計101バーツ(約350円)でした。高いのか安いのか、判断に苦しむ所です・・・。

とりあえず、これだけ寿司を含めた日本食が手軽に食べられるタイに感謝です。

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top