タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

「ドン・キホーテ」のタイ・バンコク1号店がオープン!店内を調査(後編)

「ドン・キホーテ」のタイ・バンコク1号店がオープン!店内を調査(後編)

総合ディスカウントストアの「ドン・キホーテ」が2月22日にバンコク市内エカマイ・ソイ5にオープン!前編に引き続き、お店の中を探索します。

2階

2階の「ドン・キホーテ」は大まかに化粧品&健康グッズ、日常雑貨、面白グッズなどのセクションに分かれています。化粧品と日常雑貨が大きなスペースを占めています。

タイでコスプレがブームな事から、コスプレ商品が結構並んでいました。

 

「ドン・キホーテ」のイメージ・キャラクターであるドンペンの人形なども置いていました。

同じフロアにドラッグストアやゴルフ用品店もあります。

3階

ドンキの上のフロアは食堂街になっていて、お好み焼き屋や蕎麦屋がすでにオープン、これからどんどんテナントが入るようです。

ロケーション

今回、「ドン・キホーテ」ができたのはエカマイ・ソイ5(=トンロー・ソイ10)です。

BTSの最寄り駅はトンロー又はエカマイになります。グーグルマップで検索するとエカマイの方が近そうです。それでも1.3キロ、徒歩16分かかります。

ちょっと辛いのでバイクタクシーを使いました(25バーツ)。いつも混んでる道ですからタクシーを使うと無駄な時間とお金がかかりそうだったからです。でも、帰り道、米など抱えてバイクタクシーに乗るのは面倒でした。

これ、市内ではなく、郊外に出店した方が良かったのでは?と思います。近隣に住む日本人駐在員ファミリーを狙ったのでしょうが…。

結論

正直、日本の「ドン・キホーテ」の良い意味でのゴタゴタ感が薄いかな~という気がしました。タイ人にウケそうな品揃えに走っていて、宝物探し的なショッピングの楽しみは少なかったです。

「ドン・キホーテ」は日本国内で300店以上、海外ではアメリカ本土、ハワイ、シンガポールなどに店舗があります。この1号店を皮切りにタイでの店舗数拡大を目指していると見られているので、マーケティングを考えれば仕方ないんでしょうね…。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top