タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

バンコクのBTSとMRTの料金が値下げ、一律15バーツになる!?

バンコクのBTSとMRTの料金が値下げ、一律15バーツになる!?

喜ぶべきか、悲しむべきか、迷ってしまうニュースが飛び込んできました。

タイの運輸省の新しく任命されたサカサヤン・チットチョープ大臣が、BTS(高架鉄道)とMRT(地下鉄)などの料金を距離に関係なく一律にし、それもできるだけ安く、可能なら15バーツ(約52円)までその料金を下げたいとメディアに発表しました。

ちなみに、現在、BTSのチケットは距離によって16~59バーツ(約56~207円)になっています。

これらの鉄道に関連する23の団体を呼んで、そのための努力をするようにと大臣は命令したそうです。

「1か月以内に各団体からの結果報告がくることになっています。その時点でどれだけ料金が安くできるを決めたいと思っています」

しかし、MRTの主席であるパッカポーン・シリカンターラマースさんは「政府からの助成金がなければ料金の値下げは無理です」と語っています。

その上、メンムム・カードの例のように、BTSMRT、エアポートリンクなどを運営する各団体は連携がうまくいっていないので、地元メディアは料金の値下げ&一律料金の実現を疑問視しています。

仮にそれが実現したら、それはまた大きな問題ですよね。今でさえ、通勤通学時間帯のBTSMRTは大混雑、プラットフォームも隙間がないくらいです。

BTS開業当時、車内はガラガラだったことを思い出すと、時代の移り変わりを強く感じます。

今でも、そんな状態なのに、料金が下がったらどんな事態になるのか・・・恐ろしいですね。

こういった公共鉄道で問題になっている外国人のスリ集団も、仕事がやり易くなるでしょう。

それを考えると、料金が下がるより、現状のままの方が良いのではないでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top