タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

バンコク初の高級ブランド店アウトレットモール、セントラル・ビレッジが8月31日にオープン

バンコク初の高級ブランド店アウトレットモール、セントラル・ビレッジが8月31日にオープン

経済発展が続いているタイでは、ブランド物に熱中する女の子が増えています。バンコクの日本人ご用達夜遊びスポットであるタニヤに行き、店の子に「何が欲しい?」と聞くと、グッチやシャネルのバッグや香水という答えが多く返ってきます。

そんな中、バンコクで初の高級ブランド店アウトレットモールが8月31日にオープンすると発表されて話題になっています。

セントラル・グループを経営するタイ最大の小売り企業のセントラル・パタナ社(CPN)が手掛ける「セントラル・ビレッジ」はスワンナプーム国際空港から10分の敷地に建設中です。大きさは100ライ(16万平方メートル)。現在、工事は70%完了しているとか。235以上のブランド店が入店、レストランや子供ための遊び場、スーパーマーケット、ホテルも併設します。

セールスポイントは何といっても価格の安さ。ラルフローレン、ケンゾー、ビビアン・ウエストウッド、カルバンクラインなどの商品が35~70オフで買えるのです。

CPNによると、25~40歳ぐらいの若いリッチ層(月収5万バーツ=約17万3千円以上)をメインのターゲットにしているそうです。 こういった地元客と外国人観光客を合わせて、1000万人以上の訪問を初年度は見込んでいます。

また「サイアム・パラゴン」や「アイコン・サイアム」を運営するサイアム・ピワット社

も今後同じような高級ブランド店アウトレットモールを3か所にオープンすると発表しています。

意中の女の子に、高級ブランド品をプレゼントしてハートを射止めてみてはいかがでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top