タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

美人過ぎるタイ人女性パイロットが話題に!

美人過ぎるタイ人女性パイロットが話題に!

タイの地元メディアのカオソッドが、美人パイロットの紹介をしていました。

タイでもフライドアテンダント(客室乗務員)は女性にとって憧れの職業。多くの女性がその夢を叶えようとしますが、実際にその職に就けるのは一部。

そして、もっと難しいのはパイロットになる事。その難関を突破してバンコク・エア社のパイロットとして活躍しているのがスリマニー・タンさん(愛称ジュリー)です。29歳になる彼女はもうすでに1,800時間以上の飛行を経験しています。

タイ語はもちろん、英語とマンダリン語を流暢に話します。現在はASEAN地域のフライトを担当。

副操縦士として、飛行管理装置を主に管理していますが、彼女にとってはお手のもの。もともと数学や化学などが好きだったのです。

スリマニーさんは元フライトアテンダント。そして、その前は建築家というユニークなキャリアを持っています。

「私がフライトアテンダントになりたいと言った時、両親は反対しました。これまでのキャリアを捨てる事になりますし、空の旅を多くするのが危険だと考えたのです」

それでもスリマニーさんは自分の夢を追う事に決めました。

タイの航空会社で女性のパイロット候補を採用する事は稀です。タイ国籍、28歳以下、男性…この条件を提示する航空会社がほとんどです。スリマニーさんの属するバンコク・エアの他、エアアジア、ノックエアなどが例外です。現在、タイの航空会社での女性パイロットの割合は全体の6,749人の内3%ほどだと言うことです。

難関のテストを通過すると、厳しいトレーニングが待っています。スリマニーさんと同期の16人は毎朝5時に起きてジョギングをしてから、操縦訓練を受けていました。この期間、メイクをした事はなかったと彼女は言います。

女性の新たなキャリアとしてスリマニーさんを模範に、多くの女の子がパイロットを目指すようになると良いですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top