タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

コロナでデリバリー需要拡大、タイの「7-11」がバイク運転手2万人募集

コロナでデリバリー需要拡大、タイの「7-11」がバイク運転手2万人募集

都市封鎖が世界各地で続く中、バンコクもスーパーやコンビニ、テイクアウトのレストラン等以外の商業施設や映画館など娯楽施設も全て閉鎖されています。

政府がなるべく自宅待機を勧める中、人々の頼りはデリバリーサービスです。自宅勤務や待機の人々が多いせいか、バンコクの道路は普段よりかなり空いていて、フードパンダやGRABのデリバリータクシーがすごく目立ちます。

こういった状況の中、タイの「7-11」がある発表をしました。タイの「7-11」は世界で日本に次ぐ二番目の店舗数の多さ(全国で1万以上)ですが、その運営会社であるCP ALLは、デリバリーサービス用のバイク運転手を急遽2万人募集すると言うのです。

18歳以上のタイ人で、バイクの免許を持ち、中学卒業以上の学歴があれば誰でもネットからの応募が可能です。自分でバイクを所有する人は優先されるそうです。

この騒動のおかげで、職を失ったり、一時的に待機せざるを得ない人々が多いと思うので、この募集は良いニュースですね。

デリバリーの需要が急激に拡大し、スーパーのBIG Cのホームページでは注文に応じきれず、デリバリーを予約できない状態にもなっています。

ちなみに、現段階では、食べ物などの買い占めなどに走る人はいないようで、生活物資や食料はスーパーやコンビニにちゃんと並んでいるので安心です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top