タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

AKB48がバンコクの音楽フェスティバルでトリを飾る

AKB48がバンコクの音楽フェスティバルでトリを飾る

秋元康がプロデュースし、国民的アイドルとなったAKB48。その姉妹グループが日本各地、また世界各地にできています。ここバンコクでもBNK48が2017年から活動を開始、「会いたかった」や「恋するフォーチュンクッキー」のタイ語版を発表、驚異のCD売り上げ成績を記録、コンサートチケットも即完売。また人気メンバーのレアな生写真がオークションで45万5千バーツ(約156万円)で落札されるなど、この国で大きなブームになっています。

そのAKB48が、12月8&9日にバンコクで開催される「マヤ・ミュージック・フェスティバル(MAYA MUSIC FESTIVAL)」に出演します。

オーワンダー、HYO(元少女時代メンバー)、アレッソなど世界各国からのミュージシャンが参加する中、AKB48は最終日のトリに当たる9日午後4~5時にステージに立ちます。

今回は16人のAKB48メンバーがタイにやって来ます。その中にはAKBグループの総選挙で常に上位に立っていた柏木由紀、二代目総監督を務める横山由依などの人気メンバーも入っています。

会場はラマ9世通りにある「SHOW DC」。2日間共通チケットはGA(一般)チケットが3,700バーツ(約1万2千800円)、VIPエリアへの入場や専用入り口や専用バー、専用トイレを使用できるVIPチケットは7,000バーツ(約2万4千円)。そして、限定5枚のみのVVIPチケットは何と10万7千バーツ(36万8千円!)でVIPエリア&VVIPエリアに入場可能・・・ということですが、一体そのVVIPエリアに何があるんでしょうか?

AKB48ファンの方は、早めにチケットを入手するのが良いかもしれません。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top