タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

やっぱりバンコクで遊ぶのが1番!危険過ぎるタイ~マレーシア国境の夜の町

やっぱりバンコクで遊ぶのが1番!危険過ぎるタイ~マレーシア国境の夜の町

タイ南部ナラティワート県に位置するスンガイコロク。コロク川の向こうはマレーシア領のケランタン県のランタウ・パンジャンです。

人工3万8千の小さな町ですが、夜になると、マレーシア側から楽しみを求めて男たちがたくさんやって来ます。カラオケ、酒、そして女たち…自分たちの国ではNGな物もこちら側では好きなように楽しめます。

国境の夜の町として有名なスンガイコロクですが、実は危険な町でもあります。手製のパイプ爆弾、自動車爆弾などが普通に爆発しているのです!ディスコの騒音が爆弾の音でかき消されるのは日常茶飯事。

深南部と呼ばれるタイのヤラー県,パッタニー県,ナラティワート県,ソンクラー県)ではイスラム武装勢力によるテロ事件が頻発。銃器、爆発物を使用したテロが月平均約10件発生しています。この地域に関して、外務省は危険情報「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」を出しています。

深南部での2004年からの死亡者は約7,000人。これはパレスチナ自治区での死亡者数に相当します。

特に、「堕落の象徴」とも言うべき夜の町はターゲットの一つになっています。

しかし、こんな風に危なくてもマレーシア側から来る男の客は減らないそうです。それどころか増加していると言います。2つの町を繋ぐ正式の国境は橋に備えられた1つだけですが、それ以外の場所でもボートなどを使って渡ってくる連中がいるそうです。男のサガ(性)ですね。

私たち日本人が興味本位で旅行に行くのは、絶対に避けましょう!やっぱりバンコクの評判の良い店で遊ぶのが賢い選択です。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top