タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

タイのリゾートホテルの悪い口コミを書いたアメリカ人が逮捕

タイのリゾートホテルの悪い口コミを書いたアメリカ人が逮捕

昔は情報を発信するのがテレビや新聞など大手メディアだけだったものが、このインターネット時代、ソーシャルネットワークで誰でもが情報を発信出来るようになりました。

そんな中、タイで起きたトラブルです。

*ネットの口コミでアメリカ人が逮捕される

タイ中部にあるトラート県のチャン島で営業するシー・ビュー・リゾート。ここに滞在したアメリカ人が旅行口コミサイトのトリップアドバイザーに、以下のようなコメントをしたのが始まりでした。

「スタッフが最低。みんな不機嫌な表情で、誰も笑わない。まるで、客に来て欲しくないかのようだ。そして、ホテル内のレストランのマネージャーが一番最低。チェコ人らしいが、客に対して無礼な態度を取っている。絶対、行かない方が良い。他に沢山の楽しい時間を過ごせるから」(ウエズリー)

これに対し、ホテル側が猛反発。彼らによると、ウエズリーはレストランに自分の酒を持ち込む料金を払うのを拒否、スタッフと揉めたということです。

そして、ホテル側は正式にウエズリーに訴訟を起こしました。結果、バンコクで働いていたウエズリーは警察に逮捕されることになりました。名誉棄損が裁判で認められれば、彼は最長2年の禁固刑及び最高20万バーツ(約67万円)の罰金を科せられます。

*シー・ビュー・リゾートの言い分

トリップアドバイザーの評価点数で、シー・ビュー・リゾートはチャン島にある85のホテルの中で10位になっています。現在、1,922ある口コミ中、「とても良い」が1090、「良い」が580、「普通」が170、「良くない」が48、「とても良くない」が32となっています。

そして、オーナーは「私たちは30年間お客様のために努力し、サービス賞を貰ったこともあります。小さなビジネス経営者にとって、口コミレビューはとても大事です。ウエズリーに対し訴訟を起こしたのは、ただ悪い口コミを彼が書いたのだけが理由ではありません。彼がホテルがコロナの巣だとか、スタッフを搾取してるとか根拠がない事を書き続け、私たちが解決を図ろうとコンタクトしても、一切無視したからです」と説明します。

*ウエズリーの言い分

これに対し、ウエズリーも自分の声明を出しました。

まず、シー・ビュー・リゾートでの宿泊した時の様子、アルコール持ち込みに関してのやり取り、その後、自分の部屋から見たマネージャーとスタッフとの揉め事などについて語っています。

そして、「レビューを書いた後、ホテル側から口コミを削除しなければ訴訟を起こすとメールが来ました。私はただの脅しだと思っていました。しかし、翌日、職場に警察が現れ、チャン島の裁判所に連れて行かれました。裁判所が閉まるまで30分しかなかったのに、判決はすぐ下りました。保釈金10万バーツ(約34万円)を請求されましたが、その場で払えなかったので、刑務所で2泊することになりました。もし、実刑が下ればタイの刑務所に1年監禁されるそうです」

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top