タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイ・ロッブリー発~観光客激減で、猿たちが食料の奪い合いバトル

タイ・ロッブリー発~観光客激減で、猿たちが食料の奪い合いバトル

コロナの流行により、観光客がいなくなっているタイ。その余波は動物の世界へも広がっています・・・。

*****

タイ中部に位置するロッブリー県。周りをペッチャブーン県、チャイヤプーム県、ナコーンラーチャシーマー県、サラブリー県、アユタヤ県、アーントーン県、シンブリー県、ナコーンサワン県に囲まれていて、バンコクから北に約160キロです。アユタヤ王朝時代の第二の首都で、その遺跡が観光名所として有名です。この遺跡を中心に町のあちらこちらに猿がいるので知られています。その数は数千匹にもなるそうです。またヒマワリ生産地としても知られ、その規模はタイ国内で一番と言われています。毎年末には黄色いヒマワリで畑が埋め尽くされ、それを見るために多くの人々がやって来ます。

今、ロッブリーの遺跡周辺の猿たちが食料を巡って争いを繰り広げています。いつもなら観光客が与える餌などが十分にあるのですが、観光客が来なくなったことから、少ない食べ物を奪い合う羽目になったのです。

先日、2つの猿の集団が争う様をササルーク・ラッタナーチャイさん(28歳)が撮影、ネットに投稿し、人々の注目を集めました。

動画の中で、数百匹の猿たちが、お供えの食べ物があるプラカン寺院の前で、追ったり追われたりしています。

この騒動のせいで、自動車やバイクは一時的に動けなくなりました。

「こんな光景はこれまで見たことがありません。猿たちはいつもはおとなしいのですが」

私たちも、デマでパニックに陥って、食料の買い占めなどに走らないようにしたいですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top