タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

タイ北部チェンマイのカラオケバーで、韓国人が約55万円のボッタクリ被害!

タイ北部チェンマイのカラオケバーで、韓国人が約55万円のボッタクリ被害!

タイ北部のチェンマイ。バンコクから北に約720キロ、タイで2番目に大きな街です。最近では日本人ロングステイヤーに人気の地として有名。バンコクほど忙しくなく、気候も良く、病院などの医療設備も整っているのがその背景にあると思われます。

そんなチェンマイのカラオケバーはボッタクリ店が多いらしく、トラブルが多発しています。

先月(9月)、中国人観光客が合計27本のビールを飲み、いくつかの料理を頼んで1万4千バーツ(約4万9千円)をチャージされ、ツーリストポリスに駆け込みました。

それ以外にも、スウェーデン人が5万バーツ(約17万円)、マレーシア人が11万バーツ(約38万円)を請求された事件などがありました。

そして、10月2日、今度は韓国人旅行者が被害に遭いました。

チョン・ゲンボックさん(46)は、トゥクトゥク運転手に観光名所として有名なナイトバザールから遠くないチャロン・プラテート通りのソイ6にある「フォーエヴァー・カラオケ店」に連れて行かれました。お店が閉まるまで遊んだ所、16万バーツ=約55万4千円(!)をむしり取られたそうです。

あまりの高さに、翌日の午後、お店に引き返して6万バーツ=約20万8千円をオーナーから取り戻しました。

それでも納得がいかず、今度はツーリストポリスへ行き、再び6万バーツを取り返しました。それでも支払った金額は6万バーツ、かなりのボッタクリぶりですね。

ちなみに、この店が娯楽業の免許を持っていなかった事が判明、罰金刑を科されました。

今回の事件を受けて、チェンマイ観光ビジネス協会の会長は、地元でお店を経営する人々に適正な価格での販売やサービスをするように注意を呼びかけました。

チェンマイで夜遊びをする時は、ネットでの情報チェックが欠かせませんね。

Source:The Nationいつも当サイトをご愛読頂きありがとうございます!今、ブログ村でのランキングのアップを目標にしています。恐れ入りますが、画面の左の「このブログに投票」を押していただけますでしょうか?ご協力ありがとうございます!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top