タイアゲニュース

おもしろタイニュース&衝撃バンコクニュース

バンコクのエアポートリンクが限定的料金値下げ!でも、あまり嬉しくない!

バンコクのエアポートリンクが限定的料金値下げ!でも、あまり嬉しくない!

最近、BTS(高架鉄道)やMRT(地下鉄)などバンコクの公共交通機関の値上げが続いています。物価の安いタイで、他の物と比較すると、これらの料金はかなり高めな印象です。屋台でご飯が40~50バーツ(約140~180円)で食べられるのに、少し乗っただけで同じくらいの金額になるんですから。

そんな中、嬉しいニュース・・・なんですが、よく考えると、そんなに有難くもないニュースです。

*****

スワンナプーム国際空港とバンコク市内を結ぶエアポートリンクを運営する会社が、2月18日、3月から条件付きで料金の値下げをすると発表しました。

同社によると、運行時間内の「オフピーク・アワー(通勤通学の混雑時でない時間帯」を40パーセント割引にするそうです。具体的には「午前5時半~7時」「午前9時~午後5時」「午後8時~深夜」です。

「自家用車通勤ではなく、公共交通機関の利用を促進するのが目的です。今回の割引で乗客数の5~10パーセントアップが見込まれています」と同社は説明します。

ただ、割引が適用されるのは230バーツ(約800円)分のプリペイドカード購入者のみ。その上、今回の割引は試験的な物で3か月のみということ。

観光でバンコクに来て、エアポートリンクを使うのは空港~市内の往復が主で、あとせいぜい数回利用するくらいでしょう。230バーツは使い切らないですよね。BTSMRTにはこのプリペイドカードは使えないし、微妙です。エアポートリンク側が言うように、通勤通学で利用するなら別でしょうが・・・。

そういえば、これらの「交通機関の全てで使える!」というのが売り物だったメンムムカード、一体いつになったら本当に共通化するんでしょうか?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top