タイアゲニュース

タイの面白ニューや衝撃動画等ご紹介

バンコクの空港の水は安くなったのか?検証をしてみた!

バンコクの空港の水は安くなったのか?検証をしてみた!

皆さん、今年(2018年)の1月に有名な情報サイト「タイランドハイパーリンクス」がタイの空港で販売している水が高すぎるという記事を掲載、そこから事態が発展し、首相が直々に実際についての調査をするように指令を下した・・・というニュースを覚えていますでしょうか?

1月8日にタイランドハイパーリンクスが写真付きで空港で販売される水が4050バーツ=約130170円と、通常価格の4~5倍という高値であることを指摘。その後、読者の1人が自分のフェイスブックで「他の空港に比べても本当に高い、タイのためにも何とか変えた方が良い」と日本語とタイ語で投稿。それがネット市民の間で反響を呼びました。それを受けて、政府のスポークスマンが、プラユット首相が、何故空港での飲食物が高いのか尋ね、その理由を調べる政府の義務だと述べたと地元メディアに伝えました。

ちなみに、高過ぎると指摘を受けたAOT(タイ空港公社)は、「(ターミナル外の)フードコートなどでは安く売っている」と反論。いやいや、ターミナル内の話をしているんですけどね・・・。

あれから約1年が経ちました。先日(12月8日)、ドンムアン空港を利用した際、現在の水の販売価格がどうなっているか調べてみました。

今回、訪れたのは国際線のターミナルです。何軒か回ってみた所、値段は35~45バーツ(約121~155円)と以前とほとんど変わっていません!バンコク市内での価格の3~5倍です!缶コーラは45バーツ(約155円)、こちらも市内に比べて3倍です。

ちなみに、到着ロビーにある「7-11」では10バーツ(約35円)でした。こちらは市内の価格より少し増ですね。

結果として、ターミナル内の水が高いという状況はまったく変わっていませんでした。

実は、2016年にも、空港の飲食物が高すぎるという指摘があり、一度は10バーツまで値下げされたことがあったそうです。

ほとぼりが冷めたので、また値上げしたのでしょうか・・・どちらにせよ、空港利用客にはありがたくないですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top